top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『死神さん2』山本舞香インタビュー「自分で“愛されていること”に気付いていない所もチャーミング」“2代目パシリ”小刀祢役を演じて

ガジェット通信

『死神』と呼ばれ警視庁で最も疎まれ嫌われている 冤罪事件の再捜査に挑む刑事、儀藤 堅忍(ぎどう・けんにん)が、 事件ごとに代わる相棒とともに、闇に葬られた真相をあぶり出していく 1話完結の刑事ドラマ『死神さん』の続編となる、 Huluオリジナル『死神さん2』が9月17日(土)から独占配信スタートとなります。

本作で、アシスタント=“2代目パシリ”となる、小刀祢を演じる山本舞香さんにお話を伺いました!

――山本さん出演の情報解禁の際、「シリーズ作品に出るには緊張します」というコメントがありました。改めて本作に出演してのお気持ちを教えてください。

もちろん緊張はありました。あと、“刑事モノ”ということで難しいイメージがあって、「セリフを覚えるのが大変なんだろうな」と思いました。でも『死神さん』という作品自体が「儀藤さんが一人で事件を解決していく」という、一般的なバディものとは違うので、少し安心した部分もあって。面白そうだなと、撮影が楽しみになりました。

――山本さんが演じた小刀祢さんについては、どんな魅力を感じていますか?

広告の後にも続きます

小刀祢は「不幸な女です」と自分では言っていますが、私的には小刀祢って愛されている子だなと思うんです。話数が進むにつれて、小刀祢が抱えている謎を儀藤さんが一緒に解決していってくれたりとか。自分で「愛されていること」に気付いていない所も、小刀祢のチャーミングな所だなって。そういう子って結構多い気がするんです。「私は生きていても意味ない」と言ったり。でも、そう言える相手がいる時点で幸せだと思うんです。本当に自分で抱えちゃう子もいるから。

――おっしゃるとおりですね。そんな小刀祢に共感出来る視聴者も多そうです。監督からは、こう演じてほしいという声はありましたか?

監督は現場でキャラクターやシーンを作っていく感じだったので、役作りで何をしているということはあまりなくて、みんなで現場で作品を作っている感じがします。「堤組」の空気が出来上がっていて、スタッフさん同士も仲が良くて、キャストに対してすごくケアしてくれて。チームワークが出来上がっている、すごく楽しい現場です。

――田中圭さんとの共演はいかがでしたか?

田中さんから儀藤さんになる瞬間のスイッチの切り替えがすごくて、毎回「おお〜っ!」ってなっています。監督も有名な方なので、私は毎回緊張をしていて。いつもは、2,3回現場にいくと、その緊張は解けるのですが、今回は良い意味でずっと緊張していて。とても刺激をもらっています。

――その他、撮影で印象的だった事があれば教えてください。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル