top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

平松、星野、松岡らセ・リーグのエースたちがいる岡山。兵庫が誇る“300勝トリオ”とは?【プロ野球はみだし録】

週刊ベースボールONLINE

×

甲子園のエース≒プロの県勢エース



倉敷商高出身の星野

 プロ野球が国民的スポーツとしての地位を確立した時代、その中心にあった巨人に真っ向から立ち向かっていったセ・リーグのエースたちがいるのが岡山県。ドラフトの因縁もあって、中日で巨人に牙をむいたのが倉敷商高の星野仙一だ。巨人と目立ったエピソードはないが、星野の1学年下にはヤクルトのエースとして初のリーグ優勝、日本一に貢献した松岡弘がいた。松岡の同学年で、大洋(現在のDeNA)で巨人キラーと呼ばれたのが岡山東商高の平松政次。平松はセンバツ優勝投手でもある。当時は岡山東高だったが、大洋でも平松の先輩となるのが初のリーグ優勝、日本一で立役者となった秋山登。やや後の時期になるが、広島の山根和夫は勝山高の出身。

 逆に岡山の出身ながら広島県の広陵高を出たのが現役の野村祐輔で、岡山理大付高を出ている九里亜蓮は鳥取県、薮田和樹は広島県の出身だ。似たケースでは、オリックスの現役エースでもある山本由伸は岡山県の出身ながら宮崎の都城高を出ている。

 同じく現役で2013年の24連勝でプロ野球の頂点に立つ楽天の田中将大は北海道の駒大苫小牧高でエースとして甲子園の決勝での力投でも印象を残すが、兵庫県の出身。兵庫は47都道府県でも最強クラスといえる好投手の宝庫だ。滝川高では「泣くな別所、センバツの花」とうたわれた別所昭(毅彦。巨人ほか)を皮切りに、高砂高から“精密機械”といわれた制球力を誇る小山正明(阪神ほか)、育英高からは“草魂”の鈴木啓示(近鉄)と、3人が300勝を超えている。

 小山と阪神でWエースとなった村山実は住友工高(尼崎産高)の出身で、大阪学院高の卒業ではあるが、村山と阪神で左右両輪を形成、のちにリリーバーのパイオニアとしても一時代を築いた江夏豊も兵庫の出身だ。村山も江夏も通算200勝をクリアしている。キャリアは短かったが剛速球で沸かせた阪急(現在のオリックス)の山口高志は市神港高の出身だ。甲子園とプロ、ともに県勢エースといえるのは別所だろうか。とはいえ、甲子園球場も兵庫県。ファンそれぞれの思いも他の都道府県とは別格、最強クラスなのかもしれない。

文=犬企画マンホール 写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル