top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

快勝オジェ 前週リベンジで8強

テニス365

×


8強入りしたオジェ アリアシム
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は11日、シングルス3回戦が行われ、第6シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)が第9シードのC・ノリー(イギリス)を6-3,6-4のストレートで破り、初のベスト8進出を果たした。

>>キリオス、オジェアリアシムらナショナル・バンクOPの組合せ<<

前週のアビエルト・デ・テニス・ミフェル(メキシコ/ロスカボス、ハード、ATP250)準決勝でも対戦し、そのときはノリーにフルセットで敗れていた世界ランク9位のオジェ アリアシム。この試合は地元の声援を背に受けながら15本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに92パーセントの高い確率でポイントを獲得。ノリーに対し1度もブレークチャンスを与えることのないプレーを披露した。

リターンゲームでは5本のダブルフォルトを犯すノリーを攻め立て5度のブレークチャンスを創出。そのうち2度ブレークに成功し、1時間12分で快勝した。

地元カナダのナショナル・バンク・オープンで初の8強入りとなった22歳のオジェ アリアシムは準々決勝で第4シードのC・ルード(ノルウェー)と対戦する。ルードは3回戦で第14シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第8シードのH・フルカチュ(ポーランド)や世界ランク37位のN・キリオス(オーストラリア)が8強へ駒を進めている。



TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル