top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ペドロ・アルモドバルの短編作品『ヒューマン・ボイス』11月3日公開 予告編&ポスターも

Real Sound

×
『ヒューマン・ボイス』(c)El Deseo D.A.

 ペドロ・アルモドバル監督の短編作品『The Human Voice(原題)』が、『ヒューマン・ボイス』の邦題で11月3日より日本公開されることが決定し、あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

参考:コリン・ファース『シークレット・ガーデン』など12本上映 「Kino Festival 2022」開催決定

 本作は、アルモドバル監督が、フランスの芸術家ジャン・コクトーの名作戯曲『人間の声』を翻案し、初めて全編英語劇に挑戦した30分間の短編作品。監督にとってコクトーの戯曲は古くから馴染みがあり、幾度か作品にインスピレーションを与えてきたという。今回、原作をできるだけ“忠実”に脚色しようと試みたものの、性分に合わず、“自由に翻案”と説明を加えている。

 物語は、元恋人に別れを告げられたばかりの女性が電話での会話劇だけで展開する。最初こそ未練があることを悟られずにしていたが、次第に元恋人への感情をあらわにしていく。「スーツケースを取りに来るというだけの電話をするのに何日もかけるような男を、狂気に至るまで愛してはいるが、媚びるほど依存しきってはいない女性」と、監督なりの解釈で主人公を描き出す。

 1人芝居を演じ切ったのは、『サスペリア』『MEMORIA メモリア』のティルダ・スウィントン。アルモドバル監督はスウィントンについて、「抽象的で演じるには困難があるこの役には、真実味と感情を持たせる優秀な女優が必要だった。彼女は才能の幅広さを証明した。彼女の知性と意欲、そしてとてつもない才能と、私に対する絶対的な信頼が大きな役割を果たした。全ての映画監督がこういう気持ちになれることを願う」と大絶賛した。

広告の後にも続きます

 公開された予告編は、耳にイヤホンをつけた女性がベランダの花にガソリンを撒いているシーンから始まる。何かを探しているのか、犬はスーツやトランクの臭いを嗅ぎ回る。そして女性はスマホの画面を確認し、怒りに苛まれる。メイクを施して、ベッドに置いたスーツにそっと手を添えながら眠りにつく。そこから音楽と画面が切り替わり、色鮮やかなブルーのスーツで颯爽と工具店に訪れる姿や、ライターを付けたり斧を振りかざす様子が映し出されている。

 あわせて公開されたポスタービジュアルは、ペンチや糸鋸といった様々な工具でタイトルや監督とスウィントンの名前が形作られ、バレンシアガの真っ赤なドレスを身にまとったスウィントンが斧を振りかざす姿が描かれている。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル