top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

これはナイスアイデア 100均「注射器型スポイト」でジオラマのスライド撮影

おたくま経済新聞

×

 ジオラマを情感豊かに動画で表現するには、視点を少しずつ移動させるスライド撮影が有効です。とはいえ、移動撮影用のスライダーは結構なお値段がするため、スマホで気軽に使うようなものではありません。

 しかし、ちょっとしたアイデアで、身近なものが代わりになってくれるんです。100円ショップで売っている注射器型のスポイトを使ったジオラマのスライド撮影法がTwitterで紹介されました。

【元の記事はこちら】

 このアイデアを披露してくれたB作さんは、Bトレインショーティーを活用してコンパクトなレイアウト作品を主に作っているジオラマ作家。もちろん、作品の撮影も動画を含めて楽しんでいます。

広告の後にも続きます

 カメラを移動させる撮影機材にはドーリーやスライダーなどがありますが、基本的にはレールや台車を使ってカメラを移動させる構造。もとより工作が好きなB作さんにしてみれば、材料を買ってきて自作することも容易ですが、これらの機材が必要な機会は多くなく、作るには至らなかったとのこと。

 わざわざ作るまでもないけれど、必要な時に代用できるものがあれば便利です。カメラをじわじわ動かしながら撮影する良い方法はないか……と考えていたんだそう。

 「じわっと動かすために油圧ダンパーのようなものがないか?という思いつきから始まり、油圧は大掛かりなので水圧?空気圧?という連想で注射器に思い至りました」

 さっそく100円ショップで注射器型のスポイトを調達し、スマホでピストンを押し込むようにして撮影してみることに。すると……狙い通り、押し込む時の抵抗がちょうど良く、一定のゆっくりした速度で動いてくれました。

 「思いついた時点でこれはいけるに違いないと感じていたのですが、実際やってみると予想以上にスムーズな映像が撮れました。高価な専用機材を買わなくて良かったと思いました」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル