top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

100秒=1,000円で脳波を買い取る? クリエイター集団Konelが「脳波買取センター」を開いた理由

Real Sound

×
Konel創業メンバーの3人(左から)出村光世氏、 荻野靖洋氏  、宮田大氏

 「脳波買取センター」。その名前だけでもインパクトが大きいのだが、ジョークではない。越境クリエイター集団Konelが、7月30日から8月7日までアーツ千代田3331で開催した「BWTC Trade Week」では、本当に来場者の脳波を100秒=1,000円で買い取ってくれるのだ。

(参考:【写真】実際に買い取られた脳波

 筆者はプレスデーに参加し、実際に脳波買い取りも体験した。

・「BWTC Trade Week」とは

 累計11カ国籍のメンバーが、世界4拠点で活動しているアーティストコレクティブ・Konelが新たに立ち上げた「BWTC」。市民から脳波を買い取り、そのデータから適正に収益化を図る組織として発足した。自動買取機というものを用いて、脳波を買い取り、そこから独自のプログラムで脳波絵画を生成すると言う。生成された絵画は、様々な価格で即時販売される。

広告の後にも続きます

 BWTC Trade Weekでは、来場者の脳波買い取りと合わせて、脳波絵画の展示も実施。買い取り体験とあわせ、どのような絵画が生成されるのか、実物を目にすることができるイベントだ。事前のSNS発信も含めた取り組み全体が、社会実験型の作品となっている。

 代表の出村光世氏によると、今回のイベントでは「不透明なデータの価値」と「脳波計の大衆化」という2点をキーワードとして掲げている。今やデータのプライバシーに対して、便利や安心は当たり前となっている中、「安心、便利以外のデータの価値が作れないかと考えた。人々が議論してくれるスタート地点となれば」とBWTC発足の目的を話す。

 見どころは、一連の体験がフローになっている点。「買い取り希望じゃなくても、鑑賞や購入ができる。また、脳波を売るという体験として、自分の内側を価値として変換できるのは面白い部分だと思う。この体験を通して、価値のバランス感覚について考えて欲しい」と話していた。

・「脳波を扱う未来の会社」をイメージ

 会場は「脳波を扱う未来の会社」を想定していると言う。スタッフが着る青いウェアや場内の雰囲気も含め、SF作品に出てきそうな雰囲気だ。

 会場右手にあるのは「VIDEOS」。「3つの映像作品を通して、この場所が何をするところなのかイメージを膨らませて楽しんでもらいたい」と言う。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル