top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『彼女、お借りします』七海麻美役・悠木碧が考えるライバルの存在「自分と比較できる被検体は多い方がいい」

ABEMA TIMES

 彼女にフラれたばかりの大学生と4人のヒロインによる人気ラブコメ『彼女、お借りします』。週刊少年マガジン(講談社)で好評連載中のほか、アニメは2年前の第1期に続き、この7月から第2期がスタート。同時期に実写ドラマもスタートしている。ヒロインの一人、七海麻美は主人公・木ノ下和也の元カノだが、別れた後も何かと周囲に現れては、後に和也の周りに登場する水原千鶴、更科瑠夏、桜沢墨といった「レンタル彼女」たちと衝突していくことになる。今回、第2期放送を機に、七海麻美役を務める悠木碧にインタビューを実施。人気声優として多くのファンを抱える中、ライバルにもなる他の声優との関係をどう考えているのか聞かれると「自分と比較できる被検体は多い方がいい」と、独特な表現で答えた。

【動画】人気放送中!アニメ「彼女、お借りします」

 七海麻美は、小悪魔的な魅力の持ち主。別れた後にも和也の周りに現れ、思わせぶりな態度を取る。また千鶴や瑠夏、墨が和也に好意を持っていることを知ると、いろいろと策を練って妨害するような腹黒さ、闇深さを見せている。悠木にとって競り合う相手とはどんなものか。

――競争相手がいることのメリットとは、どんなものでしょうか。

 悠木碧 比較対象がいた方が、どっちかが正解なんだって思えますし、それって選択肢が増えるってことじゃないですか。たとえば自分が(キャストに)選ばれなかったとしたら、何が選ばれた要因なのか(選ばれた)こっちの子を見ればわかるし、自分になかったポイントとの比較ができる。被検体は多くいた方がいいと、私は思うタイプです。「このバトルで絶対勝たなきゃ!」という時にライバルがいたら「ぐぬぬ…」とかなりますけど、最終面になる前に、自分のウィークポイントをいかにつぶせるかだと思うので、そこまでに切磋琢磨しておくことは重要であり、他人のよきところ、自分のよくないところをちゃんと見ておくのは、絶対ライバルがいた方がわかりやすいです。人間観察を含め、いた方がいいですね。「その方がきっと楽しいよ」というのはあると思います。自分しかいないと、自分の想定の中のものしかできないじゃないですか。「なるほど、そう来たか」の部分があった方が、人生は悔しくて楽しいです。

広告の後にも続きます

――あえて他人を気にしないようにしている人もいます。

 悠木碧 意識した方が、最終的に自分が得られるものが多くなると思います。相手を攻撃するという意味合いではなくて、相手がどんな手法を取ってくるのかとか、この子がなぜこう愛されているのかとか、真似できるところは真似した方がいいし、真似できないのなら、じゃあ自分はプラスアルファ何で補えるのか、選択肢を増やすために気にしています。ただ、あえてマイナスに気にしないようにはしていますね。自分の機嫌を取りにくくなるので。他人とできる・できないで、プラスマイナスしてもしょうがない。できないなら何をプラスにするのかと思っています。

――気持ちが落ち込むことはないですか。

 もちろん「今日すごく低気圧」みたいな日に引っ張られることはなくもないですが、そうなった自分を判断できるんです。「お、今日低気圧で私、機嫌悪いぞ」みたいな。引っ張られがちだと思ったら、意識的に楽しいことをしたりとかして、気持ちを持ち上げてブルーな気持ちを払っていく、無理やりポジティブに生きています。100%何も考えずにポジティブな人っていなくて、一生懸命ポジティブになろうとしてポジティブな人の方が世の中多いと思います。それでも引っ張られて凹む日はありますよ。「あの子の写真映り素敵だわ」とか、「あの人のお芝居、いつまで経っても追いつけない…」とかあるけど、じゃあ今自分の武器でどうやったら、その人と一緒にマイク前に立てるのって考えるのは重要かなと思います。 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル