top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

好奇心で設置した公衆電話が迷子の子どもを救う

女性自身

携帯電話の普及で過去の遺物となりつつある公衆電話だが、その価値が見直される出来事が起こった。Fox9などが報じている。

 

米ミネソタ州アンドーヴァーに住むブライアン・デイヴィスさんは、昨年秋に自宅の敷地の隅に公衆電話を設置した。

 

設置にかかった費用はおよそ800ドル(約10万円)。加えて固定電話料金が毎月20ドルかかる。レンガを敷き、ベンチとゴミ箱も置いて、ちょっとした休憩スペースとなっている。

広告の後にも続きます

 

「正直に言ってビジネスとしてはまったく儲からないよ。破産だね」と、デイヴィスさんはFOX9の取材に対して冗談めかして語り、設置した理由について次のように明かした。

 

「ずっとやりたかったことなんです。いまは、すべてをスマートフォンで済ませたり、メッセージを送り合ったりする時代になりました。

 

でも、それ以前はどんな生活を送っていたのかと、みんなに思い出させるのって楽しそうだなと思って」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル