top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「好きな“朝ドラのお父さん”」ランキング!2位『舞いあがれ!』抑えた“ダメな親だけど憎めない”1位の人物は?

女性自身

「好きな“朝ドラのお父さん”」ランキング!2位『舞いあがれ!』抑えた“ダメな親だけど憎めない”1位の人物は?(C)女性自身

日本初の女性弁護士で、後に裁判官を務めた三淵嘉子さんをモデルに描くNHK連続テレビ小説『虎に翼』。5月10日の放送回では、ついに伊藤沙莉(30)演じるヒロイン・猪爪寅子が高等試験に合格をはたし、「日本初の女性弁護士誕生」と盛り上がる様子が描かれた。道を切り拓いていく寅子を見守るのが、母・はる(石田ゆり子)と父・直言(岡部たかし)だ。帝都銀行で経理課長職を務めていた直言は、贈賄の容疑で逮捕・起訴されてしまうものの、寅子たちの尽力もあって無罪を勝ち取った。困難を乗り切った“家族の絆”は多くの視聴者の涙を誘った。家族思いの直言を演じる岡部たかしは“イケオジ”として注目度を高めている。

 

朝ドラヒロインの父親といえば、子どもをやさしく見守ったり、反対に自分勝手で家族を振り回すトラブルメーカーだったり、または夢に向かう主人公の前に立ちはだかる“壁”となることも。

 

今回本誌は、「朝ドラ(2000年以降に放送された作品)に登場する好きなお父さん」についてアンケートを実施。どの主人公の父親が印象に残っているのかを調査した。上位5人の名前と、支持される理由をみていこう。

広告の後にも続きます

 

第5位に入ったのは、『ひよっこ』のヒロイン・みね子(有村架純)の父である谷田部実だ。家族と離れ出稼ぎに出ていた実だが、ひったくりに遭った際に犯人ともみあいになり、頭を殴られたことをきっかけに記憶喪失となってしまう。後にみね子らと再会するも、記憶は戻らないままだった。それでも“お父ちゃんのやさしさ”が記憶を失う前と変わらないところに、感動を覚えた人は多かった。

 

実が好きな理由については、

 

《おおらかでいつでも子供の味方である優しいお父さんだから》
《記憶を無くしても家族の元に戻って家族のために生きたから》
《やさしくて家族想いで辛抱強い。記憶喪失のときもそのままだったから本当の資質なんだろうと感じたから》

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル