top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ブレーキフルード(ブレーキオイル)の交換時期は?自分でできる点検方法や交換費用・工賃

MOBY

ブレーキフルード(ブレーキオイル)とは?

ディスクブレーキパッド
©NorGal/stock.adobe.com

自動車のフットブレーキには、一般的に油圧式ブレーキが採用されています。ブレーキフルード(ブレーキオイル)とは、この油圧式ブレーキで使用される作動油のことです。

油圧式ブレーキにおいて、密閉された管に充填された作動油はブレーキペダルを踏み込むことでブレーキシリンダーに圧力を伝え、ブレーキキャリパーを作動させます。

ドライバーがブレーキペダルを踏み込んだ力は、油圧の働きによって増幅され、強い力を必要とせずに車の動きを止めることができるのです。

エンジンオイルとは全く違うもの

「作動油」であるブレーキフルード(ブレーキオイル)は、エンジンオイルなどの「潤滑油」とは区別されます。これらは目的が異なるため、主成分も異なるためです。

Honda(ホンダ) ブレーキフルード ウルトラ BF DOT4 0.5L 08203-99938 [HTRC3]

Honda(ホンダ) ブレーキフルード ウルトラ BF DOT4 0.5L 08203-99938 [HTRC3]

710円(04/19 13:04時点)

広告の後にも続きます

Amazonの情報を掲載しています

エンジンオイルはいわゆる鉱物油や合成油ですが、市販車のブレーキフルードの主成分はエチレングリコール。油というよりアルコールに近い化学物質です。

ブレーキフルードの規格と成分一覧表

基準主成分ドライ
沸点
ウェット
沸点
粘度
(100℃)
粘度
(-40℃)
ph値
DOT 3グリコール205℃以上140℃以上1.5cst以上1500cst以下7.0-11.5
DOT 4グリコール230℃以上155℃以上1.5cst以上1800cst以下7.0-11.5
DOT 5.1グリコール260℃以上180℃以上1.5cst以上900cst以下7.0-11.5
DOT 5シリコン260℃以上180℃以上1.5cst以上900cst以下7.0-11.5

ブレーキフルードには、アメリカの交通省が定めた「DOT規格」があり、日本国内でもこの規格等級に準じてブレーキフルードが販売されています。

上記の表の各項の説明は以下の通り。

  • ドライ沸点:吸湿率 0%時の沸点(新品時)
  • ウェット沸点:吸湿率 3.7%時の沸点(1~2年間使用後の沸点)
  • 粘度:ブレーキフルードの流動性を示す数値(数値が大きいと固くなり流動性が悪くなる)低温時では、この数値が高いとABSの作動性に悪影響を及ぼす。
  • ph値:酸性/アルカリ性を表す数値(7.0以下では酸性度が強くなり、周辺部品の腐食が早くなる)

沸点が高いブレーキフルードの方が、よりハードなブレーキングにも耐えうるスポーツ走行仕様となっています。

よって、一般的な国産乗用車はDOT3を使っていることが多く、DOT4やDOT5はスポーツ走行向けということになります。

ブレーキフルードが劣化するとどうなる?

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル