top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

いとうあさこの過酷仕事「尿で煮たゆで卵」「0.2秒で闇の世界」

SmartFLASH

 

 いとうあさこが、2021年1月8日放送の『あさイチ』(NHK総合)で、これまでの過酷だった仕事を語った。

 

 いとうがあげたのは「おしっこで煮たゆでたまご」。中国のある地域で10歳までの男児のおしっこを集め、卵を茹でる「童子蛋(どうじたん)」という伝統料理があり、それを食べたという。

 

広告の後にも続きます

 

 いとうは「殻むくだけで、手もその臭いなんです」ととにかく臭かったことを熱弁していた。

 もう1つは「0.2秒で闇の世界」。山奥の洞穴に行き、2時間かけて奥に行くと、約80mの竪穴があり「そこに飛び込んでください」と言われた。穴の中に何があるかわからない恐怖で「2~3時間は泣いた」と明かした。

 

 いとうの告白にSNSは大盛り上がりとなった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル