top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東山紀之の貧乏時代、畳に刺さった包丁、母の土下座、食事は残り物の豚足…

SmartFLASH

 

 東山紀之が、1月6日放送の『1周回って知らない話&今夜くらべてみました 合体4時間SP』(日本テレビ系)で、壮絶な生い立ちを語った。

 

 東山は1歳の頃に見た光景が脳裏に焼きついて離れないという。それは母が玄関で男たちに土下座して、畳に包丁が突き刺さっている場面だった。

 

広告の後にも続きます

 

 その後、両親は離婚し、東山は母と妹と3人で生活。神奈川・川崎のコリアンタウンで、「在日朝鮮人の方が持っている離れみたいな部屋を借りて暮らしていた」と振り返った。

 

 当時は、近所から残り物の豚足をもらって空腹をしのいでいたという。遊ぶお金もなく、もらった銭湯代でスペースインベーダーをやり、学校のプールに忍び込んで体を洗っていた。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル