top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

球場騒然!「アライバかよ」「これぞメジャー」 抜けそうなゴロに“横っ飛びキャッチ”からのグラブトス→“素手キャッチ”のスーパープレー パイレーツの二遊間が鉄壁守備を見せた瞬間

ABEMA TIMES

【MLB】パイレーツ1-8レッドソックス(4月19日・日本時間20日/ピッツバーグ)

【映像】ゴロに横っ飛びからのグラブトス→“素手キャッチ”

4月19日(日本時間20日)に米・ペンシルベニア州ピッツバーグのPNCパークで行われたピッツバーグ・パイレーツ対ボストン・レッドソックスの一戦で、パイレーツの二遊間コンビが披露したスーパープレーが、野球ファンの間で注目を集めている。

0-2、パイレーツ2点のビハインドで迎えたこの試合の2回表・レッドソックスの攻撃は、この回先頭の6番・吉田正尚のピッチャー強襲ヒットを足がかりに攻撃ムードが急上昇。1点を加えて0-3とし、なおも1死二、三塁となった場面で、9番セダン・ラファエラが放った打球は、球足早く二塁ベース左へと転がるゴロに。しかし、そのまま抜けるかに見えたこの打球を、パイレーツのセカンドを守るジャレッド・トリオロが、横っ飛びで抑えると、慌ててカバーに入ろうとしているショートのオニール・クルーズへとトス。するとクルーズはこれを“素手キャッチ”で受け取ってそのまま二塁ベースを踏み、一塁走者をフォースアウトに。堅実な送球&捕球に加え、守備範囲の広さに定評のある2人ならではの好守で、スタンドのファンを大いに沸かせることとなった。

パイレーツの二遊間コンビが披露したこのスーパープレーに、日米の野球ファンも大興奮。ネット上の野球ファンからは「すげえwww」「アライバかよ!www」「今はキナナカだってw」「でも、なんかこれぞメジャーっていう感じの守備やな」「トスとはいえ、素手でいっちゃうところがクルーズらしいわw」「こういうプレーがあるからメジャーはやめられないw」「今年もこういうのたくさん見たいわ」といった様々な反響が巻き起こっている。

広告の後にも続きます

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル