top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

たばこ一箱4200円のイギリス、2009年生まれ以降への紙巻きたばこ販売が禁止へ 今年後半にも法案成立か

ABEMA TIMES

 イギリスで2009年以降に生まれた人が生涯にわたってたばこ製品を買えなくなる、という法案が今年中にも成立する見通しだという。

【映像】世界一醜い色? 肺のイラストも…吸う気がなくなる英のたばこパッケージ

世界で最も厳しくたばこを規制する国になるのか? イギリスのたばこ事情も含め、ANNロンドン支局の佐藤裕樹記者に聞いた。

━━イギリスでは禁煙のエリアが多いのか?

「建物の中は基本的に禁煙だ。だが、屋外では喫煙OK、カフェのテラス席などでも問題なく、屋外での歩きたばこもよく見かける」

広告の後にも続きます

━━法案提出の経緯は?

「きっかけは去年10月にスナク首相が発表した『今たばこを吸えない世代に、生涯たばこを売らないことを目指す』とする政策であり、16日に下院で与野党が賛成して可決され、下院の中で次のステップに進んだ。今後、下院で修正が加えられる可能性があるが、与野党が賛成していることもあり、下院での最終的な採決や上院での採決などを経て、この法案は今年後半にも成立するとみられている」

━━法案が成立すれば、2009年生まれ以降への販売が禁止されるのか?

「2007年までは16歳からたばこを買うことができたが、現在は18歳以上にたばこを販売している。これを2027年以降、毎年1歳ずつ引き上げて、2009年以降に生まれた人が18歳になっても、生涯たばこを買えないようにしようとしている。ちなみに現在、紙巻きたばこは1箱20本入りで、22ポンド。日本円でおよそ4200円。高額であるため、多少安い自分で紙を巻いて作る手巻きたばこが人気だ」

━━イギリスのたばこのパッケージはどのようなものか?

「たばこの銘柄によって、パッケージの色が違うのではなく、統一されている。さらに、たばこのパッケージのデザインに明るい色の使用が禁止され、“世界で最も醜い”とされる色で統一されている。心臓や肺に穴が開いたようなイメージ写真もつけられており、パッケージからたばこを吸いたくならないように工夫されている」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル