top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「イタ、イタタタタ……。先生、痛くて仕方ありません」と激痛をこらえながら…

ゴールドライフオンライン

本記事は、安達 信氏の書籍『氷上の蠟燭』(幻冬舎ルネッサンス)より、一部抜粋・編集したものです。

第一章 イマジン

瑠璃は二人の話が聞こえない振りをして、

「なんか二人で、楽しそうにどうしたの……。晩ご飯の用意できたから、食べましょう」と誘った。

食卓には、かき揚げ、天麩羅に加え、かまぼこ、バイ貝の煮つけ、イカの黒作り、ホタルイカの沖漬けが並んでいた。

「まあ、昨晩、今晩とご馳走ね。私の好きなものばかりじゃない。一体全体どうしたの、瑠璃……?」

広告の後にも続きます

「瑠璃、悪いが日本酒あるかい」

「珍しいわね。いつもウイスキーばかりなのに、どうしたの? 以前あなたの友達からいただいた〝別山〟があるんだけど、随分前のものよ」

と言って瑠璃は床下収納庫から取り出しもってきた。

真一は華音に、

「悪いが、おちょこを四つ用意してくれないか」と頼んだ。

「四つ?」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル