top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

批判殺到!「悪意しか感じない」「遺恨になる」 “疑惑のジャッジ”が発生! 審判が抗議を無視、後味が悪すぎるゲームセットの瞬間 “連続退場劇”の結末がヒドいと話題に

ABEMA TIMES

【MLB】パドレス2-5ブルージェイズ(4月20日・日本時間1日/ロサンゼルス)            

4月20日(日本時間21日)に米・カリフォルニア州サンディエゴのペトコ・パークで行われたサンディエゴ・パドレス対トロント・ブルージェイズの一戦で、ハーフスイングの判定を巡って選手が主審に抗議する中で、あろうことかそのまま試合が終わってしまうという、なんとも後味の悪い結末が起きたことが、野球ファンの間で話題となっている。

2-5、パドレス3点のビハインドで迎えたこの試合の9回裏・2死走者なしの場面で、打席に立ったのは、3番のジェーク・クロネンワース。この打席でクロネンワースは慎重にボールを見極めて臨むこととなったが、カウント2-2からの5球目、外角高めに投じられたボール球のストレートにバットが出かけるも、ギリギリのところで踏みとどまり、見送ることに。しかし、主審のジャッジはまさかのスイング。そのため、納得のいかないクロネンワースは、ブルージェイズバッテリーが勝利の喜びを分かち合う中、主審へと詰め寄り、抗議をすることに。しかし主審はそれを取り合わずに引き上げ、なんとも後味の悪いゲームセットとなった。

実はこの日、パドレスは初回にも、5番・ジュリクソン・プロファーへのストライク判定を巡り、プロファーとマイク・シルト監督の2人が相次いで退場させられるというひとコマが発生していたことから、中継を観ていた日本の野球ファンからも、初回の退場騒動後に、主審がパドレスに不利な判定を行うのではないかと見る声が巻き起こっていたが、そうした経緯の上にこのクロネンワースのスイング判定が起きたことで、さらに物議を醸すことに。ネット上の野球ファンからは「これはさすがに酷いwww」「やりやがったなw」「悪意しか感じないwww」「野放しなのは異常だと思うわ」「これ完全に遺恨になるやつやんw」「次回はマチャド兄貴にも参戦して欲しいわwww」といった様々な反響が巻き起こることとなった。

広告の後にも続きます

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル