top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ヤクルト・ミゲル・ヤフーレ 向上心を持って投げる/スタートダッシュに成功

週刊ベースボールONLINE


ミゲル・ヤフーレ

新助っ人が、開幕から好結果を残し続けている。開幕先発ローテーション入りを果たした右腕、ミゲル・ヤフーレが4月7日の阪神戦(神宮)で6回途中3安打1失点と力投し、来日2連勝を飾った。大勢のファンから声援を受け、ニッコリと笑った。

「バッターに対して、(ストライク)ゾーンで積極的に勝負した結果がいい結果につながった。どんどんうまくなって、向上心を持って投げていきたい」

 185センチ、97キロと堂々した体格を持つが、投球は意外にも技巧派。直球は常時140キロ台後半で、武器であるスイーパーやカットボール、チェンジアップ、ツーシームなどを駆使しながら打たせて取るタイプだ。昨季、リーグ5位に沈んだチームは、先発陣の整備が最重要課題。14日のDeNA戦(横浜)でも6回5安打無失点の好投で無傷の3連勝をマークと、開幕から軒並み先発投手が奮起する中でヤフーレも期待に応える活躍を見せている。

 グラウンド外では、その可愛いらしい見た目で人気を集めている。今春の沖縄・浦添キャンプ中に伊藤智仁投手コーチからつけられたあだ名は「ペコちゃん」。誰もが知る「不二家」の人気キャラクターからきたものだ。来日初勝利後には同社の担当者が神宮外苑のクラブハウスを訪れ、ケーキとお菓子をプレゼントされた。

「とてもうれしい。日本にきて、野球はすごく影響力があるというか、野球ファンが多いんだなと。チームの一員になれている実感もあるし、もっと試合に勝っていきたい」とヤフーレ。21日のDeNA戦(横浜)では2回途中7失点の乱調で初黒星を喫したが、人気も実力もスタートダッシュだけでは終わらせない。

写真=BBM
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル