top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

乃木坂46 山下美月だけじゃない 与田祐希、久保史緒里、遠藤さくら……俳優としても輝くメンバー

Real Sound

山下美月 Instagram(@mizuki.yamashita.official)より

 乃木坂46からの卒業を発表している山下美月は、グループでの活躍だけでなく、数々のドラマや映画作品に出演し、歴代メンバーのなかでも俳優として才能開花させたひとりだ。そんな山下のドラマでの活躍を振り返りながら、彼女の卒業後に俳優として期待される乃木坂46メンバーについて触れてみたい。

(関連:【動画あり】乃木坂46 山下美月ソロ曲「夏桜」ミュージックビデオ

 山下は、2019年に『神酒クリニックで乾杯を』(BSテレ東)でドラマデビュー。クリニックのメンバーから愛される、おっとり清純派の看護師・一ノ瀬真美役を演じた。ドジっ子という設定だが、近づくと豹変してブラックな一面を見せ、逆にシリアスな場面では優しい雰囲気を出す、そのマイペースなキャラが山下が持つ小悪魔的なミステリアスさともマッチし、デビュー作にして確かな演技力が話題となった。その翌年、先輩である西野七瀬が主演を務めた『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』(テレビ東京系)のバトンを受け継ぎ、『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』で主演・神尾マイを演じた。西野が演じた明るいビデオガール・天野アイとは違い、山下が演じたのは“悪のビデオガール”というダークヒロインで、目的のためなら相手の心にあるダークサイドを巧みに操り、廃人になるまで追い込んでいく。相手を寝取って虜にしていくその姿は実に色気のあるもので、「乃木坂46メンバーがここまでやるのか」と視聴者を惑わしていく山下の真の小悪魔っぷり。感情が無であればあるほど、その間に見せるふとした表情に悲しみや慈しみが伝わってくるところに、山下の演技の深みを感じた。

 2020年には映画化も同時進行で制作されたドラマ『映像研には手を出すな!』(MBS/TBS系)に、齋藤飛鳥、梅澤美波とともに出演。高貴なお嬢さま風情のある役どころだったが、アニメに対する思いは情熱的で、楽しい感情を爆発させたり、頬を膨らませるキュートなリアクションといったコメディ要素の高い演技であったり、橋から川に飛び込む体当たりのシーンなどに挑み、演技の幅を広げた。地上波プライム帯のドラマに初出演となった2021年のドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)では、主人公の職場の後輩役を好演し、同年の『じゃない方の彼女』(テレビ東京)では、妻子ある大学教授と不倫関係に陥る天然魔性系女子大生を演じた。2022年には、グループ初の朝ドラ出演となったNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』で、福原遥演じる主人公・舞の幼馴染で親友の久留美役を演じた。幼い頃に両親が離婚して貧しい父子家庭で育つも、持ち前の明るさとガッツで自堕落な父親を支え、苦学しながらも看護師を目指す、芯が強く健気な役どころだ。それまで小悪魔的な役が多かったなか、同作では母性溢れる人物を好演し、新たな才能を開花させたのだった。

 以降、2023年『スタンドUPスタート』(フジテレビ系)への出演を機に、2024年『Eye Love You』(TBS系)まで約1年を通して連続でドラマ出演を果たし、あざとさを削ぎ落とした役を数多く演じる。これは彼女の演技力が買われている証拠だろう。西野、白石麻衣、齋藤など女優として成功している先輩たちは、主にグループ卒業後にさまざまな役にチャレンジして演技の幅を広げていたが、山下はグループ在籍時からいろいろな役を演じ分けているだけに、卒業後も俳優として重宝されるのは間違いないだろう。

広告の後にも続きます

 さて、現在の乃木坂46は山下以外にも俳優として活躍しているメンバーが多く、山下と同期の与田祐希は、ドラマ初挑戦となった2018年『モブサイコ100』(テレビ東京系)では、主人公のクラスメイト役で、天然かつ学校ではアイドル的な存在という、与田のアイデンティティとも言えるコケティッシュで小悪魔なかわいらしさ全開の役柄を演じた。2020年の映画『ぐらんぶる』では、“クーデレ”(クール+デレ)な美少女として、金属バットを振り回し、口に含んだ水を吹きかけたり、全裸の男を踏みつけたりとドSキャラを爆発させ、コメディエンヌとしても開花。2021年『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)では、未曾有の事態に挑む主人公たちが一息つける居酒屋の看板娘役。そして、与田の当たり役となった2022年の主演ドラマ『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』(テレビ東京系)は、やることなすことすべてが平均的なごく普通のOLが、プラモデル作りを通じて少しずつ成長していく物語。与田のもともとのキャラクターをOL奮闘記にしっかりと落とし込み、視聴者が応援したくなる主人公・小向璃子役を演じ上げた。翌年には同作のもうひとつの世界線の『量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-』(テレビ東京系)でも主演を務めた。与田は自分のキャラをしっかりと生かし自然体で元気を与えてくれる俳優だ。だからこそ、逆に悪役やセクシーなギャップのある役を演じたらどうなるのか。善悪どっちに転んでも役者としての可能性は無限大である。今後の活躍が大いに期待される。

 3期生のなかで最近演技面での頭角を表してきたのが、2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』にてグループ初の大河ドラマ出演を飾った久保史緒里。久保といえば肌の白さと透明感ある容姿で、自他ともに認める幸薄顔が特徴的だが、連続ドラマ初主演となった2021年の『クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術』(カンテレ・BSフジ)では、他者を意のままに支配するブラック心理術を操るドSな魔女・クロノサキを演じ、2022年には初主演映画『左様なら今晩は』で幽霊役を演じた。2023年の映画『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』では、売れないホストに熱を上げるキャバ嬢という役を務めたことも印象深い。豊富な舞台経験に裏打ちされた演技力があるからこそ、特徴的な役のほうが久保にはハマる。だからこそ時代劇は久保に持ってこいで、前述の『どうする家康』での織田信長の娘・五徳(徳姫)役では、徳川家に入りながらも信長の娘としてのプライドが高く、美しい容姿とは裏腹に気性の激しい性格の演技を見せ、高い評価を得た。美しくも影のある役は久保の代名詞とも言えるが、もちろん純愛ラブストーリーや直近の朝ドラのように近代レトロな作風も似合うはず。今後もさまざまな役に起用されていくと予想される。

 4期生のなかで俳優として期待されているのが4期生の遠藤さくら。地上波ドラマ初出演した2022年の『もしも、イケメンだけの高校があったら』(テレビ朝日)では、イケメン強豪校で誰もが振り返るような美少女ヒロインを演じた。翌年にはNHK連続テレビ小説『らんまん』に、主人公の万太郎と妻・寿恵子の娘・千歳役で出演。裕福ではないけれど真っすぐに育てられた母親譲りのしっかり者という、ピュアな存在を演じた。同年放送のドラマ『トラックガール』(フジテレビ系)では、それまでと一転したトラック運転手を演じ、仕事のあとのビールを美味しそうに飲むなど、ワイルドな役にも挑戦している。役者としてはまだ未知数な部分もあるが、どこかグループ在籍時代の西野の姿と重なる部分もあり、俳優として演じるキャラクターに固定された色がなく、毎回その役になりきろうと頑張る姿には親しみやすさを感じる。遠藤も、七瀬のような演技面での可能性を秘めていると言えるだろう。

 4期生には、賀喜遥香が2022年のドラマ『最初はパー』(テレビ朝日系)でコメディエンヌとしての才能を開花させたり、個性派揃いの5期生にも、今後俳優としての才能が開花していくメンバーも間違いなく出てくるはず。乃木坂46は、数多いアイドルグループのなかでも特に多くの俳優を輩出し、在籍時にその才能を光らせ、卒業後も主演級として活躍している元メンバーも少なくない。もはや乃木坂46は新たなる俳優を育成/発掘する場としてドラマや映画界において多大なる影響を与えているグループだと言えると思う。

 先輩たちが切り開いた道を受け継ぎ、山下に次ぐ乃木坂46の看板役者は一体誰になっていくのか、楽しみだ。

(文=本 手)

 
   

ランキング

ジャンル