top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

張本美和は決勝進出ならず…世界ランク2位・王曼昱に2ゲーム奪取する激闘も、ベスト4で姿消す【卓球W杯】

THE DIGEST

張本美和は決勝進出ならず…世界ランク2位・王曼昱に2ゲーム奪取する激闘も、ベスト4で姿消す【卓球W杯】(C)THE DIGEST
 悲願の決勝進出まで、あと一歩だった。

 現地4月20日、卓球の「ITTFワールドカップ2024」の女子シングルス準決勝がマカオで行なわれ、世界ランキング12位の張本美和が同2位の王曼昱(中国)と対戦。ゲームカウント2-4で敗北を喫し、ベスト4で姿を消した。

 日本勢のなかで唯一の4強進出を果たした張本。4月に高校生になったばかりの15歳は決勝トーナメント1回戦で世界ランキング3位の王芸迪(中国)を4-1で下し、勢いに乗っていた。2度目の中国超えを狙って臨んだ準決勝では、全日本女王の早田ひなを準々決勝で破った王曼昱と相まみえた。

 第1ゲームは両者互角の展開も、先にゲームポイントを握られた張本。最後はボールがネットに引っかかり、9-11で落とす。

 第2ゲームは王曼昱のペースで進み、11-6で連続奪取。なかなかリズムに乗れない張本だが、第3ゲームはバックとフォアが冴えて8-2でリード。10-4で、この試合初めてゲームポイントを握る。だが相手も簡単に試合を終わらせず2連続ポイントで粘るが、最後は王曼昱の返したボールがテーブルを外れ、11-6で張本が奪い返した。

 第4ゲームは王曼昱の気迫が勝り11-6。ゲームカウント1-3で張本は崖っぷちに追い詰められた。
  ところが15歳は、ここから底知れない粘り強さを発揮する。第5ゲームは世界ランク2位が放つボールの軌道に慣れると、張本はサーブ、強烈なバックハンドで得点を積み重ねゲームポイント。最後は速いラリーを制すと、張本は左手で力強くガッツポーズ。第6ゲームに望みをつなげた。

 白熱した一進一退の展開は、なおも続く。張本が強いフォアでポイントを挙げると、王曼昱も負けじと返す激しい応酬に。張本が2度ゲームポイントを握るが、相手も驚異の粘り強さで11-11とデュースにまでもつれる。そして王曼昱がマッチポイントで王手をかけると、勝負をかけた張本のフォアは無情にも卓上に触れず、激闘に終止符。惜しくも、強敵撃破とはならなかった。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】張本美和が世界2位の王曼昱と激闘!2ゲーム奪取も決勝進出ならず…
【関連記事】「彼女はもう中国代表に苦手意識を持っていない!」張本美和の世界3位撃破に相手国メディアが警戒心露わ! 堂々の8強入りに「急激な進歩だ」【卓球W杯】
 
【関連記事】【卓球W杯】平野美宇、韓国左腕を下し8強進出! リベンジ果たす逆転勝利に「ここで勝てたのは大きい!」とファン喝采!
 
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル