top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

大谷翔平、バッティング絶好調の要因を徹底分析! 唯一の“課題“に挙がるのは…?【MLB】

ベースボールチャンネル

大谷翔平、バッティング絶好調の要因を徹底分析! 唯一の“課題“に挙がるのは…?【MLB】(C)ベースボールチャンネル
メジャーリーグ 最新情報

 

今シーズンの大谷翔平はSPOTV NOWで全試合生中継!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]

 

 開幕直後は40打席本塁打なしと苦しんでいたロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手。今季1本目となるホームランを打って以降、不振がうそのように快進撃を続けている。その打撃内容をみると、ヒット・長打にした球種やコースが広がり、開幕直後までの穴がなくなっていたのだ。一方で、打撃成績の“ある”数字が改善できていない現実もある。

 

 

大谷翔平に何が?!今季第1号前後の変化とは…

 
 大谷選手にどんな変化があったのか?今季第1号ホームランが出る前後での大谷選手の打撃の変化を中心に取り上げる。なお、ホームでのサンディエゴ・パドレスとの3連戦が終了した4月14日(日付は現地時間。以下同)終了時点までのデータを対象とした。
 
 まとめると、以下のようになる。
・真ん中、ファストボール、スライダーを中心に成績向上
・穴がなくなり打球方向も広角に
・外角高めを高い確率でホームランに
・好調になっても得点圏の成績に課題

広告の後にも続きます

 

 

 4月2日以前と4月3日~14日の数字を比較すると、以下の変化がみられる。OPSや打点は倍を上回る伸びを、塁打数は3倍を上回る伸びを示した。
・打率:.242→.415
・OPS:.630→1.393
・ホームラン:0→4
・打点:3→7
・塁打:11→38
 
 塁打数を例にとると、今季9試合目以降の伸びが大きくなっている。

 

 開幕以降の塁打数の推移


 
 4月3日~14日のAB/HR(ホームラン1本当たりの打数)は10.25と2023年まで過去3年と比べても高い数値を示している。この期間のヒット17本のうち12本が長打だった。4月14日終了時点では、二塁打(10本)でMLB1位、安打数(25本)でMLB2位タイとなっていた。
 

コース別、球種別打撃内容の変化

 投球に対する打撃内容につき、MLB機構が運営する米解析サイト『Baseball Savant』のデータをもとに2つの期間の比較を行う。
 
 コース別にみると、4月2日までハードヒット(打球速度95マイル(約153キロ)以上の打球)の割合11.1%、バレル(一定の角度・速度以上の打球)なしと苦戦していた真ん中に対し、4月3日~14日はハードヒット率44.4%、バレル率33.3%と大幅に改善した。
 
 真ん中低めもハードヒット率50.0%を記録し、外角高めもボール球を含めハードヒット、バレルの割合が高い。一方、インコース高めのハードヒットおよびバレル率は、4月3日~14日時点も12.5%(同じ数字)になっている。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル