top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

東京芝はペースが緩めば内&前有利 エルフストラックで好配狙い

netkeiba.com

東京芝はペースが緩めば内&前有利 エルフストラックで好配狙い(C)netkeiba.com

 土曜は3場揃って芝ダートともに良だった。日曜は京都で断続的に雨が降る予報なので、馬場状態とトラックバイアスの変化に注意したい。

 まずは東京から。芝は高速決着。内外フラットなので、ペースが緩めば内でロスなく立ち回った逃げ先行馬が穴になる。一方、流れれば外差しも決まる。ダートは展開不問の地力勝負。土曜はストームキャット系が頑張っていた。

 京都は雨の影響がカギだが、極端に悪くなることはなさそう。土曜の超高速決着が維持されると考えたい。開幕週でも内外で極端な差はなく、ペース次第で外差しも間に合う。持ち時計のチェックは必要。ダートは下級条件こそ前残りだが、クラスが上がれば展開一つでどうにでもなる。

 福島の芝はBコース替わりで内枠有利の傾向が加速。土曜は連対10頭中8頭が1〜4番だった。逃げ先行ベター。ダンジグ系に注。ダートは1150mこそ前有利だが、1700mは差しもダメではない。

【注目馬】
東京11R・エルフストラック…経験値が武器で、前走のように逃げても良し、好位に控えても良し。少なくとも速くなることは考えづらいメンバー構成なので、先行粘り込みを期待したい。

京都11R・ソーヴァリアント…ここ2走はリズムが悪い競馬だったので参考外。マイルで1分32秒0の持ち時計があるので、立ち回り一つで巻き返しがあっていい。

福島11R・コナブラック…福島芝1200mはシンプルに内枠の先行馬を狙うべし。ここ2戦はハイレベルの関西圏で連続3着。ローカル回りで今度こそ決める。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル