top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

田尾安志氏「4点の差がつくと、いろんな作戦が使えない」巨人、初回の4失点が響き引き分けを挟み3連敗

ベースボールキング

田尾安志氏「4点の差がつくと、いろんな作戦が使えない」巨人、初回の4失点が響き引き分けを挟み3連敗(C)ベースボールキング

○ 広島 6 - 2 巨人 ●
<5回戦・マツダスタジアム>

 巨人は20日の広島戦に2-6で敗れ、引き分けを挟んで3連敗となった。

 初回の4失点が痛かった。先発・井上温大が上本崇司、會澤翼の適時打で4点を失うと、打線も広島先発・森下暢仁に対して5回に満塁のチャンスを作るなどしたが、7回に奪った2点のみ。12安打を放ちながらも繋がりを欠いた。

 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 広島-巨人』で解説を務めた田尾安志氏は、試合中、「初回の4点差というのが結局、重いんですよね。3点以上差がつくといろんな作戦が使えなくなりますね。そうなると打ってください、そういうふうにベンチも考えます」と話し、試合後には「2点まではいろんな作戦を使って反撃ができるんですけど、3点、4点の差がつくと、いろんな作戦が使えない。ヒットは出るけども、点まではいかなかったというイニングが多かったですよね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル