top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

中日、15失点の大敗で3連敗…6カードぶりの負け越し、大野2回途中6失点で黒星

ベースボールキング

中日、15失点の大敗で3連敗…6カードぶりの負け越し、大野2回途中6失点で黒星(C)ベースボールキング

○ 阪神 15 - 2 中日 ●
<5回戦・甲子園>

 中日は投手陣が打ち込まれ今季ワーストの15失点。今季最長の3連敗で最大6つあった貯金は3となった。

 今季2度目の先発となった大野は初回、二死二塁から4番・大山に中前適時打を浴び先制点を献上。2-1と逆転してもらった直後の2回は四球と連打で無死満塁のピンチを招き、相手先発の9番・大竹に自らのグラブをかすめる適時内野安打を許し追いつかれた。

 なおも無死満塁で1番・近本に逆転となる中犠飛を許すと、続く中野に四球を与えたところで降板。一死満塁でリリーフした2番手・梅野も2本の適時打を浴びるなど失点を重ね、2回だけで一挙7点を失ってしまった。7回には5番手・勝野が5安打を集中され一挙5失点。2回途中6失点KOの大野は今季初黒星(1勝)を喫した。

 攻撃陣は1点を追う2回、阪神先発・大竹から2点を奪い一時リードを奪うも、その裏の大量失点が響き3回以降は無得点に終わった。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル