top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

レアル主将ナチョが今季こそ退団か…会長らに意思伝達

超ワールドサッカー

レアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(34)が今シーズン限りでの退団を決意したようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

最終ラインならどこでもこなせるユーティリティ性が重宝され、2011年のファーストチームデビュー以来マドリーを支えてきたナチョ。昨シーズンは契約満了によるインテルへのフリー移籍が有力と見られていたが、一転して1年の契約延長を果たした。

キャプテンにも就任した今シーズンは、ラ・リーガとチャンピオンズリーグ(CL)制覇を目指すチームでここまで公式戦36試合を戦っているが、再び契約満了の時が接近している。

『マルカ』によると、ナチョは改めてマドリー退団を決意し、クラブ首脳陣やフロレンティーノ・ペレス会長にその意思を伝えたという。

シーズン終了まではマドリーでの戦いに集中するものの、その後、国内のライバルクラブに移るという考えはない模様。必然的にマドリーでの現役引退か、海外挑戦かの2択を迫られるが、ここまでマドリー一筋のナチョは他クラブでの新たな挑戦を望んでいるようだ。

マドリーもナチョの考えを尊重する意向。退団を見越してリールのU-23代表DFレニー・ヨロ(18)らの獲得を計画しており、レンタル先のアラベスで飛躍を遂げているU-21スペイン代表DFラファ・マリン(21)も戦力になりうる。

5/1~いよいよベスト4!
CL、ELはWOWOWで放送・配信!
>放送予定など詳しくはこちら
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル