top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

10-FEET TAKUMA チバユウスケへの思い「ずっと心を支える音楽」 遺作『EVE OF DESTRUCTION』に触れて

Real Sound

チバユウスケ『EVE OF DESTRUCTION』(ソウ・スウィート・パブリッシング)

 2023年11月26日、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)やThe Birthdayとして活躍したチバユウスケさんがこの世を去った。享年55歳。世界中で大ヒットを記録した映画『THE FIRST SLAM DUNK』のオープニング主題歌「LOVE ROCKETS」を担当したことでも話題を振りまいていただけに、往年のファンはもちろん、冒頭にベースラインから始まり、ギターリフやチバユウスケさんの歌声が象徴的に使われる映画を観た人からのショックも大きかった。

(参考:【写真】【重版情報】チバユウスケ著『EVE OF DESTRUCTION』が6刷に 揺るぎない“音楽愛”が凝縮された1冊

 そんなチバユウスケさんの死去へのロスが続いていた昨年2023年の紅白歌合戦。同じく映画『THE FIRST SLAM DUNK』でエンディング主題歌『第ゼロ感』を担当し演奏したのが10-FEET(テンフィート)である。その紅白歌合戦において『第ゼロ感』パフォーマンス中に「チバユウスケ」とシャウトした姿で多くの人々に強烈なインパクトと感動を与えたことも記憶に新しい、ボーカル/ギターのTAKUMA氏にインタビューを敢行。チバユウスケ氏への出合いからエピソード、それにチバ氏のレコード・コレクションと“音楽愛”を凝縮した話題の書籍『EVE OF DESTRUCTION』(ソウ・スウィート・パブリッシング )の魅力など、しっかりと質問に対して一つひとつの言葉を考え、時に当時を思い出し熟考し、自分の“言葉”として紡ぎ出しながらチバユウスケさんへの思いを真摯に語っていただいた。

■僕の中にあるネガティブな部分と共鳴した

――まず、チバさんの音楽との出会いを教えてください。

広告の後にも続きます

TAKUMA:僕はTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTは結構後追いやったんですけど、最初にじっくり聴いたのは「GT400」だったと思います。確かテレビでミッシェルが演奏してたのを観たのが最初の出会いで。それから「エレクトリック・サーカス」とか「ブギー」とか、メジャーどころの曲をよく聴いていました。

――同じボーカリストであり作詞家でもあるTAKUMAさんから見て、どんなところに惹かれたんでしょう?

TAKUMA:今思えば、チバさんの音楽が僕の中のネガティブな部分にすごく共鳴したんですよね。ロックとかパンクって、応援ソングじゃないですけど、「元気出そうぜ、頑張ろうぜ!」みたいな、わかりやすいものが多いなと思っていたんですけど、チバさんの音楽は、なんかこう……辛いことあるけど頑張ろうぜ、じゃなくて、「辛いことあるんだよな~」って言ってるだけの感じがして。だから素直に聴けるというか。

  人の性格はいろいろあって、辛い状態にもいろいろある中で、真正面からの前向きな言葉はときに痛かったり、幼稚臭く聞こえたり、お前に何がわかんねん!って思ってしまうところがたまにあるんですけど、チバさんは「いやあ、よくわかんないけど、どうせ最悪なんでしょ」「まあ、俺もなんだけど、しょうがないよね。飲む?」みたいに言ってくれてる感じがして。近しいけど、ベタベタしてないような距離感を曲からすごく感じたんですよね。

――「GT400」にも「ブギー」にも、まさにそんな感覚があると思います。今言っていただいたような共鳴は最初からあったんでしょうか。

TAKUMA:…………いや、最初に触れた頃は、あまりわからなかったんですよね。それが「GT400」とかを聴きながら、「こういうことをこういう風に歌う!?」ってだんだんわかっていったのと同時に、「あ、チバさんって、こういう人やったんや」っていうのが、なんとなく感じ取れてきて。僕も歌詞や曲を書いたりしてますけど、チバさんの音楽に対しては「違うバンドの人やし」とか「流派が違う人やし」とか、そういうことを全然感じずに聴いてましたね。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル