top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

地区最下位アストロズが連敗ストップ 20年目バーランダーが今季初登板で白星

ベースボールキング

地区最下位アストロズが連敗ストップ 20年目バーランダーが今季初登板で白星(C)ベースボールキング

● ナショナルズ 3-5 アストロズ ○
<現地時間4月19日 ナショナルズ・パーク>

 ヒューストン・アストロズが連敗ストップ。ジャスティン・バーランダー投手(41)が今季初登板で白星を掴んだ。

 バーランダーは、右肩の負傷によりスプリングトレーニングでの調整が間に合わず、開幕から約3週間遅れての今季初登板。初回を11球で三者凡退に抑えると、援護を受けた2回裏は9球で再び三者凡退。その後2点を失ったが、78球で6イニングを投げ切って降板。最後の打者から見逃し三振を奪った際には、この試合最速の95マイル(約153キロ)をマーク。6回4安打、4奪三振、2失点と試合を作り、今季1勝目を挙げた。

 アストロズは2回表、ヤイネル・ディアス、ジェレミー・ペーニャ、チャス・マコーミックの三者連続適時打で3点を先制。最終回は、防御率8点台と苦しむ守護神ジョシュ・ヘイダーが同点のピンチを迎えたが、最後は二者連続三振で試合を締め、6試合ぶりとなる2セーブ目をマーク。連敗を3で止めた。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル