top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「ほとんど理仁のゴール」貴重な先制ゴールのDF木村誠二、謙虚さを見せて課題を口に「突き詰めれば直せるところもある」

超ワールドサッカー

U-23日本代表のDF木村誠二(サガン鳥栖)が、U-23UAE代表戦を振り返った。

19日、AFC U23アジアカップのグループB第2節で日本はUAEと対戦した。

引き分け以上でグループステージ突破が決まる日本。初戦のU-23中国代表戦では苦しんだ中、1-0で勝利。連勝を目指した中、27分に木村がヘディングで先制ゴールを奪う。

試合をコントロールし、何度となくチャンスを作る中で生かせなかった日本。それでも66分には川﨑颯太がヘディングで追加点。0-2で勝利し、グループステージ突破を決めた。

試合後のフラッシュインタビューに応じた木村。中国戦はスクランブルで登場したが、この試合では先発フル出場。意識したことについて「今日も相手のFWがヘディングが強いということで、常に1人がチャレンジして、1人がカバーするということを(鈴木)海音と共有していました」とコメント。コンビを組むDF鈴木海音(ジュビロ磐田)と良い連係をとっていたようで、「サイドバックのセキ(関根大輝)と(大畑)歩夢もよくやってくれたと思います」と、関根大輝(柏レイソル)、大畑歩夢(浦和レッズ)も良かったとした。

そんな中、得意の空中戦でこの世代で初ゴールを記録。「(山本)理仁から良いボールが来て当てればゴールになるボールだったので、ほとんど理仁のゴールです」と、クロスを入れたMF山本理仁(シント=トロイデン)のクロスを称えた。

これでグループステージは突破。あとはパリ五輪の切符を掴むのみ。伸ばしたいところについては「今日は少し攻撃の部分で相手のプレスに苦しんで簡単に蹴ってしまったり、上手く下からビルドアップできなかった」と、攻撃面での改善が必要だとコメント。「守備も全然良かったわけではなく、僕はヘディングも前であまり当てられていないですし、後半頭も危なかったので、突き詰めれば直せるところもあって、そこを直せた時にもう1つ上に行けると思うので、練習からみんなでまた声掛けして上手く修正できればと思います」とコメント。満足せず、常に高みを目指すとした。

なお、第3戦のU-23韓国代表戦は、22日の22時キックオフ。テレビ朝日とDAZNで生中継される。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル