top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

山本昌氏、巨人・小林誠司捕手は「安心感がある」、「リードが理にかなっている」

ベースボールキング

山本昌氏、巨人・小林誠司捕手は「安心感がある」、「リードが理にかなっている」(C)ベースボールキング

広島 0 - 0 巨人
<4回戦・マツダスタジアム>

 19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人』で解説を務めた山本昌氏が、巨人・小林誠司捕手について言及した。

 2回に小林捕手が二塁盗塁を試みた広島・小園海斗の盗塁を刺すと、山本氏は「今の小林捕手、さすがだなと」と絶賛。

 また山本氏は、捕手・小林について「小林捕手が出ていると安心感があるんですよ。僕らピッチャーサイドからの目なんですけど、リードがすごく理にかなっている。僕はルーキーの頃から小林捕手を評価しているんです。気分よく投げさせてくれるキャッチャーですから、チームに必要な戦力、チームが強い時にリードがすごく理にかなっているし、ピッチャーの投げたいボールをしっかり投げさせている。その中で組み立てをしてくれる」と高く評価した。

 また、山本氏は5回矢野雅哉の打席中、小林捕手の構えに注目。山本氏は「小林捕手が高めに構えていたらなんだろうと思ったらフォークなんですよね。バッターの胸ぐらいに構えていたので、真っ直ぐ投げ指すのかなと思ったらフォークボールなんですよ。おそらくストライク取る時にこれくらいの高さからこいよというのをやっていると思うんですよね。今日は自然に投げると戸郷投手のスプリット系のボールというのは、ショートバウンドしちゃうのかなという感じなんですよね」と解説した。

 小林は先発・戸郷翔征とバッテリーを組み6回無失点に抑え、7回四球で出塁した後、湯浅大に代走が送られ交代となった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル