top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

シャネルの単色アイシャドウ「オンブル エサンシエル」全色スウォッチ、“宝石や星座”着想の全14色を比較

FASHION PRESS

シャネル(CHANEL)2024年夏の新作アイシャドウ「オンブル エサンシエル」を全色スウォッチ。

シャネル新作アイシャドウを全色スウォッチ!

2024年夏に誕生する「オンブル エサンシエル」は、まぶたに大胆な個性を添える単色アイシャドウ。ガブリエル シャネルが特別に愛した宝石や、彼女の星座であるライオンなど、“シャネルにゆかりのあるもの”からインスピレーションを得た全14色を展開する。

本記事では、各カラーを実際に肌にのせたスウォッチとともに徹底レビュー。パーソナルカラーに合わせたイエベ・ブルベ向きの色も要チェックだ。

“シャネルが愛した宝石や星座”着想の全14カラー

242 ベージュ スエード(マット):カンボン通り31番地、ガブリエル シャネルのアパルトマンに置かれたアイコニックなソファの色をイメージしたキャラメル ベージュ。ふんわりと透け感のあるマットベージュで、どんな肌色にもマッチするベーシックな1色。素肌に溶け込むので、ベースとして使用するのもおすすめだ。

230 グリ パリ(マット・数量限定色):ほんのりブルーがかった、儚げなパステル グレイ。シアーなマットタイプで、まぶたにのせると素肌のトーンを抑えて涼し気な印象に。アンニュイで抜け感のある瞳を叶えてくれる。絶妙なニュアンスのグレーは、ガブリエル シャネルのクリエイションが生まれた街、パリの屋根の色からのインスピレーションだそう。

240 ブラン フォーヴ(マット):ガブリエル シャネルの星座であり、お守りとして大切にした動物、ライオンをイメージしたレッド ブラウン。透け感があり重くなりすぎない発色なので、秋冬はもちろん、夏の“赤みメイク”にもぴったりだ。大人の女性の品を表す洒落感のあるボルドーは、ディナーや特別感のある場所に纏いたいカラー。

広告の後にも続きます

220 ブラン ペール(サテン):ピンクとピーチの繊細なきらめきが潜む、シアーなホワイト。ベースはほぼ透明なので、白浮きすることなく、月光のような幻想的な輝きだけを纏うことができる。単独で使うのはもちろん、トップコートとして手持ちのアイシャドウの上にレイヤードするのもグッド。何度か重ねるうちに、本物の真珠を連想させる仕上がりに。

246 ボワ ヌワール(マット・数量限定色):ガブリエル シャネルがエレガンスの象徴として大切にし、使いこなしたブラック。透け感のあるマットブラックは、ふんわりやわらかに色づき、スモーキーな瞳を叶えてくれる。まぶたのきわを囲うようにのせて、締め色として使うのがおすすめ。ダークカラーのファッションと合わせて、モードなルックを楽しんで。

232 リラ プードゥレ(マット):特にブルべ肌におすすめの、ふわっとマットなライラック モーヴ。かなりの薄付きなので、カラーメイク初心者でも挑戦しやすい。仕上げに「220 ブラン ペール」を重ねると、淡いパープルのベースにピンクの偏光パールがきらめき、より上品で儚げなアイメイクを叶えられる。

228 ローズ シャルネル(マット):可憐で甘やかなフレッシュ ロージー ピーチ。まぶたに溶け込むような軽やかなピンクコーラルで、ほわっと上気するような血色感をプラスしてくれる。いつもより可愛らしいメイクに仕上げたい時や、パステルカラーの洋服を着る時におすすめの1色。

224 ブレ ドー アンティーク(メタリック):ガブリエル シャネルにとって大切な幸運のお守りであった“麦の穂”から着想を得たゴールド。ピスタチオを思わせるグリーンがかった発色で、まぶたにのせるとメタリックな大粒ラメがキラキラと輝く。カジュアルながらも洒落感たっぷりのゴールドは、いつもとちょっぴり雰囲気を変えたい時に活躍しそう。

226 ルージュ コスモス(メタリック):コッパーのニュアンスを持つメタリックなレッドは、パッと目を引くエネルギッシュなカラー。ラメ感たっぷりなので、これ1つで華やかな赤みメイクを完成することができる。ブラウン系のリップや、ゴールドのアクセサリーと相性抜群。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル