top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『水深ゼロメートルから』は“脳内会議”作品? 山下敦弘監督「感想を書いてくれたら」

Real Sound

『水深ゼロメートルから』舞台挨拶の様子

 映画『水深ゼロメートルから』の完成披露上映会が4月18日に開催され、山下敦弘監督、濵尾咲綺、仲吉玲亜、清田みくり、花岡すみれ、三浦理奈が舞台挨拶に登壇した。

参考:水泳部の女子高生が悩みを吐露 山下敦弘監督作『水深ゼロメートルから』本編映像

 本作は、スマッシュヒットを記録した映画『アルプススタンドのはしの方』と同様のプロジェクトから生まれた「高校演劇リブート企画」第2弾。高校2年生の夏休みに、水のないプールに特別補習のため呼び出された女子高生たちによる心の葛藤と解放を描く。

 2019年に開催された第44回四国地区高等学校演劇研究大会で「文部科学大臣賞(最優秀賞)」を受賞した徳島市立高等学校『水深ゼロメートルから』(原作:中田夢花)を原作とした舞台が、2021年に「劇」小劇場にて上演。そして、映画が5月3日から新宿シネマカリテほかで全国順次公開される。

 ココロ役の濵尾、ミク役の仲吉、そしてユイ役の花岡は2021年の舞台に続き、映画でも同じ役を務めた。濵尾は「同じ役を舞台でも映画でも演じることができたのは貴重だなと思いましたし、面白かったし、難しかったです」とコメント。今回の映画での芝居は、舞台とは全く違ったようで、花岡は「舞台はもっとキラキラしていたけど、映画はどこか醒めたような印象があります。普段の仲が良い感じを舞台には持ち込んでいたけれども、映画では初めて会った人たちというテンションを作る必要があったので、それが難しかったです」と明かした。

広告の後にも続きます

 また、仲吉は「舞台は限られた場所で演じましたが、(映画の撮影では)実際にプールに入ったり、プールサイドで演技をしたので、意外と顔が見えなかったり、声が届かなかったりしたので、ココロのセリフの刺さり方も違いましたし、ミクの届け方も変わりました。キャラクターの性格は変わらないのですが、見せ方や話す間も全然違ったので、新鮮な感じでした」と思いを述べた。

 映画版から参加したのが、チヅル役の清田と野球部マネージャーの三浦だ。清田は、初めて脚本を読んだときの印象を「最初に思ったのは“会話劇だな”ということでした。場面転換が少ないのは、舞台の映画化ならではだと思いましたし、当時、現役高校生だった中田さんが書かれた脚本なので、共感しやすい部分も多くて、これはぜひやりたいと思いました」と語った。

 一方、三浦は「初めて物語を読ませていただいた時に、水のないプールが舞台というのが、どんな感じなんだろうって。そこで繰り広げられる感情のぶつかり合いが面白いなと思いました」と笑顔で話すが、その水のないプールでの撮影にはいなかったそうで「グラウンドでペットボトルを運んでいました」と苦笑いを浮かべた。

 『リンダ リンダ リンダ』や『カラオケ行こ!』など、数々の青春映画を撮ってきた山下監督だが、今作は「女の子たちの話なので、頭では分かるけれども感覚としてはわからないところも多かった」という。それゆえ、「濵尾さんたちに『違和感ない?』とか『今のおかしいよね?』と聞いて、セリフを減らしたりしながら、一緒に作っていきました」と明かし、「女性陣に正解を聞きながら撮影しました」と振り返った。

 今作では、体育教師の山本役としてさとうほなみも出演していることから、さとうの印象を聞かれると、仲吉は「とにかく美しくて、肌も白い」と絶賛。濵尾も「ココロが山本先生とバトルシーンがあったのですが、カットがかかった瞬間のほなみさんの顔が本当に美しくて、優しくて、演じている時とのギャップがすごかったです」と同意した。

 舞台挨拶の最後には、濵尾は改めて「この作品は観た人の心をゼロメートルから数メートル持ち上げて背中を押してくれる作品だと感じました。観るたびに感じる部分や刺さるキャラクターやシーンが変わってくると思います。何度でもたくさん観ていただけると嬉しいなと思います」とアピール。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル