top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ふりかけおにぎり作り、ボウルにくっ付くなら? 丸美屋の解決策に「見事だわ」

grape [グレイプ]

ふりかけを白ご飯に混ぜて作る『ふりかけおにぎり』は、手軽にさまざまな味を楽しめます。また彩りも豊かなので、お弁当作りにもぴったりです。

しかしご飯にふりかけを混ぜ込むと、ボウルにお米とふりかけがくっ付いてしまい、「洗い落とすのが大変」と思ったことはありませんか。

丸美屋の公式サイトでは、あるアイテムを使ってご飯がくっ付く問題を解決しています。丸美屋直伝の裏技を、実際に試してみました。

ふりかけおにぎりはフライパンで混ぜる

丸美屋の『ふりかけおにぎり』の裏技は、フライパンを使ってご飯を混ぜる方法です。食材がくっ付きにくい『フッ素樹脂加工のフライパン』を使いましょう。

丸美屋では、『ご飯2合』なら26㎝のフライパンを使えば混ぜやすいと紹介しています。

ごはんがくっつかず、練ってしまうことがなくなるので、フワッとおいしく仕上がるんです。26㎝のフライパンに2合が混ぜ込みやすい目安。洗う時も汚れが落ちやすいので楽ですよ。

丸美屋公式 ーより引用

広告の後にも続きます

本記事で使用するフライパンは少し小さいので、ご飯の量を茶わん2杯ぶんに調整しました。

フライパンにご飯を入れ、平らに広げます。

ふりかけを加えて、ご飯を切るように混ぜましょう。

フッ素樹脂加工のフライパンなので、どれだけ混ぜてもご飯やふりかけがくっ付きません。

フライパンを見てみると、米粒もふりかけもごくわずかな量しか付いていません。洗い物をする時もボウルに比べて短時間で済みます。

子供におにぎりを作る機会が多いので、次からはフライパンでおにぎりを作ろうと思いました。

おいしいおにぎりのにぎり方

おにぎりを作る時は、お米を炊く水分量を少なめに調整するのがポイントです。水を気持ち少なめで炊くと米粒がつぶれず、ふりかけがしっかり混ざります。

また、おにぎりをにぎる時は力を込めすぎないよう注意しましょう。ふわっと形を整えるようににぎると、口の中で米粒がほぐれて一層おいしくなります。

丸美屋のウェブサイトでは、おにぎり作りの裏技を紹介しているので、ぜひチェックしてください。


[文・構成/grape編集部]

出典 丸美屋公式
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル