top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

先代の夢を受け継ぎ、フランス国内でも強く支持されるブルゴーニュ・ワインを生み出す「ジェノ・ブーランジェール」

ワイン王国

ブルゴーニュ地方の造り手「ジェノ・ブーランジェール」の当主、ギョーム・ラヴォレ氏が来日し、四ツ谷のビストロ「ア・ラ・ブテイユ」でプレスランチが開催された。先代の夢と遺産を引き継ぐラヴォレ氏が生み出すフレッシュなワインの魅力を探った。

異業界から飛び込み、栽培と醸造の両面でドメーヌを改革

ギョーム・ラヴォレ氏が妻のオードさんとともに4代目を担う「ジェノ・ブーランジェール」は、オードさんの高祖父が「その地に何かを残すものを作りたい」という夢を抱き、1974年に設立したドメーヌだ。南はメルキュレから北はシャンボール・ミュジニイまで、11の村で栽培したブドウからワインを造っている。

[ 関連記事を読む – ブルゴーニュ ]

ドメーヌの拡大に尽力した1~3代目がのこした全22ヘクタールの畑を礎に、ギョーム・ラヴォレ氏はドメーヌの大改革に着手した。ラヴォレ氏はもともとオーディオ機器などを扱う大手企業に勤務しており、ワイン造りの経験はゼロだった。醸造学校で学んだ後、4代目としてドメーヌに参画した。

「未経験だったからこそ先入観なくワイン業界に飛び込むことができた」と語るラヴォレ氏は、大きく二つの改革を行った。一つは、畑のすべてをビオディナミ(*1)に転換したこと。自然と土壌を尊重する道を選び、2018年にはすべての畑で「AB認証」(*2)を取得した。もう一つの改革は、ワインの造り方、スタイルを変えたことだ。ラヴォレ氏がドメーヌを引き継いだ08年はすべてのブドウをネゴシアンに販売していた。栽培は収量を重視したもので、質は決して良いとは言えなかったという。

広告の後にも続きます

*1 ルドルフ・シュタイナーが提唱した有機栽培農法の一種
*2フランス農務省による認証のマーク。「Agriculture Biologique」の略。最低3年間は有機農法実施していること、オーガニック材料を95パーセント以上含むことなど厳しい基準を設け、1年ごとの抜き打ち検査も行われる

「ジェノ・ブーランジェール」4代目のギョーム・ラヴォレ氏

現在は区画ごとに管理したブドウを使用し、白15種、赤15種のワインを造っている。テロワールを忠実に表現したいという思いから、すべて同じ造り方で醸している。

白ワインは、多くのオリを得るために収穫後のブドウをハードプレスする。オリや同時に抽出されるポリフェノールに接触させながらワインを熟成させることでワイン自体が酸化に強くなるため、酸化防止剤は使用しない。

忘れ去られた赤の名産地メルキュレをもう一度

ラヴォレ氏が赤ワインの産地として注目しているのがメルキュレだ。3年前、コート・ド・ニュイとコート・ド・ボーヌのワインを飲んだ後、彼の友人が1本のワインをブラインド・テイスティングでラヴォレ氏に差し出した。ラヴォレ氏は「1980年代初めのコート・ド・ニュイだ」と答えたところ、何と1945年のメルキュレだった。その時、メルキュレのポテンシャルの高さに気付いたという。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル