top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

給食の不人気メニューに『ご飯』が… 子供たちの回答に「妙に納得」

grape [グレイプ]

子供の頃、小学校で「今日の給食は何かな」と楽しみにしていた人は多いでしょう。

給食も進化しており、今はメニューにもさまざまな工夫が凝らされています。

では、現在の人気メニューはなんでしょうか。子供の食と健康に関する雑誌、書籍を出版している全国学校給食協会に取材しました。

今と昔、給食の人気メニューの違いは?

全国学校給食協会では月刊誌『学校給食』を発行。同誌は2021年7月号で創刊800号となり、同号の記念特集『給食の昔と今』で人気メニューの違いを紹介しました。

昔の人気メニューは、『学校給食』のバックナンバーから各学校の調査を基に集計。

広告の後にも続きます

今の人気メニューは、栄養教諭、学校栄養職員・調理員など121人にアンケートを行い集計しています。

まずは、昔の給食の人気メニューから見てみましょう!

【昔の給食の人気メニュー】(昭和20年代後半から昭和40年代)

・カレーシチュー

・クジラの竜田揚げ

・揚げパン

・カレーうどん

・ソフト麺、ミートソース

そのほか、焼きそば、鶏のから揚げ、ハンバーグ、ワンタンスープ、シチューなども人気だったそうです。

※写真はイメージ

続いて、今の給食の人気メニューがこちら!

【今の給食の人気メニュー】

第1位 カレー(39/121人)

第2位 揚げパン(20/121人)

第3位 から揚げ(8/121人)

第4位 チキンチキンごぼう(7/121人)

第5位 ラーメン(6/121人)

※121人のアンケート回答者のうち、何人が挙げたかによるランキング。

カレーと揚げパンは今も人気なのですね。

クジラの竜田揚げは今の人気メニューには入っていませんが、昔食べた味を覚えている人がいるかもしれません。

昔は安価だったクジラ肉は給食にも使用されましたが、現在は高値なため、鶏肉、豚肉がメインで使われているとのこと。

※写真はイメージ

『チキンチキンごぼう』は、山口県では人気の料理で、同県のご当地給食だそうです。山口県の回答者が全員この料理に投票したので、ランクインしたとのこと。

『チキンチキンごぼう』は、ひと口大の鶏肉とゴボウに塩・コショウ、でんぷんを付けて揚げ、みりん、酒、砂糖、濃口醤油を煮詰めて作ったタレと枝豆を和えて作ります。

唐揚げと歯応えのあるゴボウで食感も楽しめて、子供の好きな甘辛いタレが人気の秘密とのこと。

5位のラーメンについて、『学校給食』によれば、「現在は調理技術の向上や麺の製法、麺と具を別で配缶し、スープを温かいまま出せる保温性なども高まりました。いろいろな面で工夫がされ、おいしく提供できているから人気なのだと思います」とのことです。

不人気な給食メニューは?

一方、あまり人気のないメニューはなんでしょうか。同じく『学校給食』によると…。

【昔の給食の不人気メニュー】(昭和20年代後半から昭和40年代)

・酢豚

・脱脂粉乳のミルク

・大きなコッペパン

【今の給食の不人気メニュー】

第1位 豆料理(20/121人)

第2位 魚料理(16/121人)

第3位 酢や酸味の強い料理(15/121人)

第4位 野菜の煮物(12/121人)

第5位 ご飯料理(10/121人)

同5位 サラダ(10/121人)

※121人のアンケート回答者のうち、何人が挙げたかによるランキング。

1位の豆料理では、五目豆、ビーンズサラダ、2位の魚料理では、焼きシシャモ、サバの塩焼き、煮魚、西京焼きなどが不人気だそうです。

※写真はイメージ

3位の酢や酸味の強い料理では、酢の物、ぬた、酢みそ和え、紅白なますが不人気。酸っぱい料理を苦手とする子供が多いからかもしれませんね。

4位の野菜の煮物、5位のサラダも、野菜が好きではない子供が多いからでしょう。

興味深いのは、同じく5位のご飯料理です。具体的には、白ご飯、混ぜご飯、赤飯、ちらしずし、タケノコご飯、ひじきご飯、野菜ピラフなどが不人気とのこと。

主食の白ごはんが不人気というのは驚きますが、「味が付いたご飯じゃないと食べにくく、残りが多くなるから」だそうです。

今と昔の給食を比べてみると、意外と知らないメニューもあったかもしれません。

あなたが小学生だった頃は、どんな給食メニューが人気でしたか。


[文/高橋モータース@dcp・構成/grape編集部]

取材協力 全国学校給食協会
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル