top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

一体、何が起きた…!? 大谷翔平、史上最高レベルにカッコ良すぎると話題に 試合終盤で見せた一瞬の“表情”にファン騒然 「漫画の主人公みたい」「もはや闘神」

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース0-2ナショナルズ(4月17日・日本時間18日/ロサンゼルス)      

4月17日(日本時間18日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対ワシントン・ナショナルズの一戦で、ドジャース・大谷翔平の表情と力強いポーズが、野球ファンの間で注目を集めている。

初回に奪われた先制点のまま、反撃の糸口が掴めないまま0-2、ドジャース2点のビハインドのままで迎えた8回裏・ドジャースの攻撃。この回、2死走者なしの場面で第4打席を迎えた大谷は、カウント2-2からの5球目、内角低め、ややボール外寄り、甘めに入ったストレートを見逃さずに捉え、ライト前へ。2死ながら塁に出ると、続く3番フリーマンの打席、カウント1-1からの3球目でスタートし、ナショナルズの捕手が投げられないほどの“完璧すぎる盗塁”で自ら得点圏へ。その際、大谷はスライディングから涼しげな表情で身を起こすと、二塁ベース上で仁王立ちを彷彿とさせる力強いポーズで立ちながら闘志を感じさせる熱い眼差しとなり、逆転勝利への執念を垣間見せることとなった。

2死走者なしの場面から、自らのバットで出塁し、そのまま盗塁で得点圏に進むという、大谷が見せた“逆転勝利への執念”と、その後に見せた表情でこうした表情と力強いポーズに、日米の野球ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「かっけえええww」「まさに闘う男」「大谷さん、自分がどんなに活躍してもチームが負けてるとこういう顔するとこ好き」「やっぱ勝ちたいっていう気持ちが一番強いのかもな」「勝利への執念をそのまま具現化したかのような姿」「もはや闘神やなw」「漫画の主人公みたいでかっけえわw」といった様々な反響が巻き起こっている。

広告の後にも続きます

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル