top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

平野紫耀&神宮寺勇太&岸優太、演技とダンスで描く“片思い” Number_i「Blow Your Cover」MV徹底考察

Real Sound

Number_i(ⒸTOBE Co., Ltd.)

 Number_iの2ndデジタルシングル曲「Blow Your Cover」のMVが公開された。

(関連:【動画】つい考察したくなるNumber_i「Blow Your Cover」ミュージックビデオ

 Number_iのMVといえば、デビュー曲となる前作「GOAT」は、謎解き要素の多いものだった。新たに公開された「Blow Your Cover」も、そこに込められた意味を考えたくなるような、考察を楽しめるMVと言えるだろう。

 ベッドに座り、ため息を吐く神宮寺勇太。考え込むような、しかし虚ろな表情でバスタブに沈んでいく平野紫耀。部屋でひとり涙を流す岸優太――。MVは、そんなシーンで幕を明ける。監督を務めた田中裕介は、「叶わぬ片思いをテーマに、その心模様を可視化した映像に仕上げました」とコメントしている。

 ストーリー性を感じられるこのMVのなかで特に気になるのが、曲の始まりとともに登場する女性たちの存在である。ダンスグループ・ELEVENPLAYのSAYAが演出を担当し、クレジットで“Blue Girls”と表記されている女性たちは、全員が同じように青い衣服を身にまとい、顔をベールで隠している。そのベールを剝がそうとする3人。まさに、楽曲タイトルの「Blow Your Cover」=“素性を明かす”を表しているようだ。

広告の後にも続きます

 しかし、彼女たちは素顔を見せてはくれない。最初に神宮寺が対面している時こそひとりだった女性は、平野、岸とシーンが切り替わるたびに人数が増えていく。これは、相手を前にして「あなたの本当の顔はどれなのか?」と迷う心情を表現しているのかもしれない。映像は、微動だにしないBlue Girlsに囲まれながら3人が踊るサビのシーンへと続く(「GOAT」ではサビのダンスシーンでメンバーの背後に“ヤギ(=goat)の絵画”が飾られていたが、今回は後ろの柱に“I”の文字が隠されている)。

 一方で、メンバーのいないところでは自由に踊っているように思える女性たち。誰かが近づくと顔を隠して静止し、ベール越しに触れると涙を浮かべる様子は、これ以上近づいてはいけないことを示しているようでもある。2分54秒頃に一度楽曲が停止すると、ベールを剝がされた彼女たちは激しく踊り出す。さらに、体に触れられると崩れ落ち、最終的には姿を消してしまう。ここで映像が冒頭のシーンと重なり、一連の物語が繋がっていたことが分かる。

 「Blow Your Cover」では、1番で愛し合う男女の姿を描きつつも、2番では〈平気だったはずのこの距離〉〈If there’s a wall between us/両手を伸ばして/もう一切 拭い去ってしまいたい〉と歌われている。曲だけ聴いた時は、恋人のことをもっと知りたい、相手の想いを確かめたいといったような、恋愛のもどかしさを描いた歌に思えた。しかし、MVを見ると、楽曲にもう少し追加の物語があるようにも感じられる。

 個人的な解釈だが、MV内でのメンバーとBlue Girlsは、男女の関係性の変化を表しているのではないかと思う。何もしなければ一緒に過ごせていたのに、相手に近づきすぎたばかりに、今までの関係性が壊れてしまった――そんなストーリーを想像した。

 知っているのがいいことばかりではなく、時には知らないほうが幸せなこともある。MVの内容を踏まえると、「Blow Your Cover」では深く結ばれることのない男女の関係性――たとえば、相手には本当に好きな人が別にいるような――が歌われているように感じられた。相手のことを深く知りたいけれど、知ってしまったら、もう一緒にはいられない。そうなんとなく気づきながらも追い続けてしまう、切ない歌なのかもしれない。そんなふうに楽曲の解釈の幅を広げてくれるのが、「Blow Your Cover」のMVだ。

 切ない楽曲の世界観を、演技とダンスの両面で表現する3人の姿も見どころだろう。「GOAT」に続いて、考察を楽しめる「Blow Your Cover」のMV。どんな意味が込められているのか正解を彼らの口から聞いてみたいところだが――答えを知らないほうが、いろいろな解釈ができて面白いのかもしれない。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル