top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「マスクは顔の一部」中学生の娘が水色のマスクにこだわる理由とは?

おたくま経済新聞

 コロナ禍を経てマスクをつけることが当たり前になった今、白色の不織布マスクだけでなく、色付きや布のマスクなど以前よりも様々なデザインのものを目にするようになりました。

 エッセイ漫画をSNSに投稿する峯鳥子さん(以下、峯さん)が漫画で描いたのは、娘さんとの「マスクの色」にまつわるエピソード。中学2年生になった娘さんが、マスクの色やデザインを変えると自分と分からなくなるのでは?と心配しています。

【元の記事はこちら】

■ 水色のマスクにこだわる理由とは?

 水色が好きという娘さんは、小学生の頃から水色の布マスクをしているとのこと。新学期を迎え、「そろそろSサイズがきつくなってきたんだよね」と、新しいデザインのマスクへの買い替えを検討しています。

広告の後にも続きます

 「水色の紙マスクって売ってるかな?」と水色であることにこだわる娘さん。理由を尋ねると、「だって水色のマスクはもう私の顔の一部っていうか、私のこと『水色マスクの浜田』で覚えてる子もいると思うんだよね」と発言。

 続けて、「黒マスクの鈴木さん」、「赤ひもの佐藤さん」など、自分もマスク込みで覚えている子がいると話し、マスクを変えると自分のことが分からなくなってしまうのでは?と悩んでいます。

 それを聞いた峯さんは、「『水色マスクの浜田』ってなに!?これがコロナ世代の二つ名……!」と驚愕するのでした。

■ 「マスクを手放せる日は来るのかな?」と心配に

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル