top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

グレン・パウエル 「もう脱がない」と言いつつ、役作りで体を鍛えまくる 「恋するプリテンダー」特別映像

映画スクエア

 2024年5月10日より劇場公開される、2023年12月のホリデーシーズンに全米で公開され、全世界興行収入が2.16億ドルを超えるヒットとなったラブコメ映画「恋するプリテンダー」から、ダブル主演を務めるグレン・パウエルの特別映像が公開された。

 映像では、タキシード姿のグレンが、「シャワーシーンはもう断る。2度とやらない」と、カメラ目線で訴えるところから始まる。しかし、続いて映し出されるのは、裸で両手にダンベルを持ち、体を鍛えまくるグレンの姿。紅蓮は、「ベンは脱ぐ」と、あくまで“ベン”としての役作りと言い張りながら、満面の笑みと見事な裸体で体を鍛えまくり、「“ベン”、これも“ベン”」と、裸で鍛えているのはすべて”ベン“であることをアピール。最後は、「役作りさ 俺はやらない グレン」のテロップと、グレンのおちゃめな笑顔で締めくくられている。

 映画内では、オーストラリアの美しい大自然とともに、グレン・パウエルが“ベン”としての役作りで鍛えまくったボディを、惜しげもなく披露している。

 「恋するプリテンダー」は、ビーとベンが繰り広げるラブコメディ。弁護士を目指してロースクールに通うビーは、街角のカフェで出会った金融マンのベンと最高の初デートをするが、ちょっとした行き違いによって、恋心が一気に凍りついてしまう。数年後、そんな2人はオーストラリアで同じ結婚式に出席。再会した2人は、周囲も気を使うほどの険悪ムードだったが、復縁を迫る元カレから逃げたいビーと元カノの気を引いてヨリを戻したいベンは、お互いの望みをかなえるために恋人のフリをするというまさかのフェイク・カップル契約を結ぶ。というストーリーが展開される。

 ビー役を勤めるのは、シドニー・スウィーニー。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の出演で注目され、ゼンデイヤ主演の学園ドラマ「ユーフォリア/EUPHORIA」で2022年のエミー賞にノミネートされるなど活躍を続けている。ベン役はグレン・パウエル。「トップガン マーヴェリック」では、エリート・パイロットチームのメンバーであるハングマン役を演じた。監督は、エマ・ストーン主演「小悪魔はなぜモテる?!」や、ジャスティン・ティンバーレイクとミラ・クニスが共演した「ステイ・フレンズ」など、ラブコメ映画を多く手がけてきたウィル・グラック。

広告の後にも続きます

【作品情報】
恋するプリテンダー
2024年5月10日(金)より全国の映画館で公開

 
   

ランキング(映画)

ジャンル