top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

父アロゲートの最後の大物かも!? 良血アッシュルバニパルが無傷2連勝狙う

netkeiba.com

父アロゲートの最後の大物かも!? 良血アッシュルバニパルが無傷2連勝狙う(C)netkeiba.com

 名馬Arrogateの最終世代の1頭となるアッシュルバニパル(牡3、美浦・田中博康厩舎)が、土曜東京6Rの3歳1勝クラス(ダ1600m)でデビュー2連勝を狙う。

 アッシュルバニパルは父Arrogate、母Georgie’s Angel、母の父Bellamy Roadの血統。昨年のOBSマーチセールにおいて105万ドルで落札された。父はG1を4勝し、獲得賞金が当時の世界最高となった名馬。種牡馬となっても活躍馬を次々に送り出したが、20年に7歳で早世した。また、アッシュルバニパルの全兄にあたるCave Rockは22年に米G1のデルマーフューチュリティSとアメリカンファラオSを制したが、昨年8月に蹄葉炎のため、志半ばでこの世を去った。

 父と兄の名を高めることができるか。昨年11月の新馬(東京ダ1600m)は出遅れから巻き返して先団直後を追走。キックバックを気にする面を見せながら、直線では難なく抜け出し、2着のインテルメディオに3/4馬身差の完勝だった。時計の1分38秒5も上々。兄と比べるのは時期尚早としても、相当なポテンシャルを秘めていることは間違いない。

 今回は約5カ月半ぶりの実戦となるが、約1カ月をかけて入念に乗り込まれてきた。しかも17日のW最終追いでは5F67秒6、1F11秒3の好時計をマーク。デビュー戦に続き、ここも素質の違いであっさり突破できそうだ。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル