top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

親ガチャ大当たりを捨て、巻き込まれる「欲望」と「悪意」の渦【Re:リベンジ-欲望の果てに-第1話】

マイナビウーマン

※このコラムは『Re:リベンジ-欲望の果てに-』1話までのネタバレを含んでいます。

■親ガチャ大当たりを捨てて生きる男・海斗

日本屈指の大病院である、天堂記念病院を舞台に巻き起こるこのドラマ。初っ端からとにかくさまざまな人物の欲望や思惑が渦巻き、ぶつかり合いまくっています。ドロドロの序章となる、第一話を振り返っていきましょう。

主人公の天堂海斗(赤楚衛二)は天堂記念病院の理事長・天堂智信(光石研)の息子。日本有数の大病院の息子となれば、富も名声も約束された人生イージーモードで“親ガチャ大当たり!”な人生。と思いきや、病院や父とは縁を切り、出版社で働きながら慎ましく暮らしています。

元々は医師を目指し、父のように多くの命を救いたいと思っていた海斗。しかしながら、大病院の理事長の椅子を守ろうと、地位や名誉にすがりつく父の姿に絶望したことをきっかけに、医学部を中退して記者となり、病院や父から決別をして生きることを決めたのでした。

広告の後にも続きます

■ポストを守るため、半端ないフッ軽さを見せる女・市子

病院はとにかく院内政治で荒れています。その最たる人物は、天堂家の娘であり医師でもある天堂市子(余貴美子)です。天堂家の血縁ではない婿養子・智信が理事長を務めることを面白く思っておらず、隙あらばと理事の椅子を狙っています。

天堂記念病院で進めようとしているプロジェクトの責任者兼理事に息子の海斗を抜擢し、ゆくゆくは病院の跡取りに、と考えていた理事長・智信。

しかしそれを阻むため、「智信が理事長のポストを守るために、海斗を利用している」と、市子は疎遠だった海斗の元にわざわざ訪れて吹き込むほどの行動力。理事長の椅子を奪うためなら地球の裏側ブラジルまででも訪れそうな勢いです。まじでフッ軽。

加えて、市子は会長・皇一郎(笹野高史)に自分の息子・佑馬(青木紬)をプロジェクトの責任者兼理事に! と直訴し、院内の地位を確立しつつ虎視眈々と次期理事の座を狙います。

しかし残念なことに佑馬はポンコツで、能力を見て公平に人選を行う会長のお眼鏡にはかなわず。息子は市子のコマとしてうまく機能しません。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル