top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

役所広司=滝沢馬琴 生涯をかけて書き上げる執念の姿 「八犬伝」特報

映画スクエア

 2024年10月より劇場公開される、山田風太郎の小説「八犬伝 上・下」(角川文庫刊)の映画化作「八犬伝」の、特報映像が公開された。

 特報映像は、筆を握る滝沢馬琴に、「あんた、何で戯作を書いているんだ?」と盟友・葛飾北斎が尋ねるセリフから始まり、運命に翻弄(ほんろう)される八犬士の戦いをダイナミックな映像で捉えた”虚”の世界と、その物語を生み出した馬琴の創作の神髄に迫る”実”の世界の映像が交錯する。そして「どうしてもやり切らねばならぬことがあるんだ」と、生涯をかけて「八犬伝」を書き上げることに執念をにじませる馬琴のセリフで幕を閉じる。

 また、渡邊圭祐、鈴木仁、板垣李光人、水上恒司、松岡広大、佳久創、藤岡真威人、上杉柊平が八犬士を演じ、里見家への怨念で里見家を祟る八犬士の最大の敵である玉梓役を栗山千明が務めることも発表された。

 映画「八犬伝」は、里見家にかけられた呪いを解くため、運命に引き寄せられる若き8人の剣士たちの戦いをダイナミックに描く”虚”のパートと、180話に及ぶ物語を悩み苦しみながら28年もの歳月をかけて書き上げた作家・滝沢馬琴の創作の真髄と、そこで生まれた奇跡の実話を描いた”実”のパートをシンクロして描いたエンターテイメント。役所広司が滝沢馬琴を、内野聖陽が馬琴の親友の絵師・葛飾北斎を演じるほか、土屋太鳳、磯村勇斗、黒木華、寺島しのぶらが顔をそろえる。「ピンポン」「鋼の錬金術師」シリーズの曽利文彦監督がメガホンを取る。

【作品情報】
八犬伝
2024年10月 全国ロードショー
配給:キノフィルムズ
©2024『八犬伝』FILM PARTNERS.

 
   

ランキング(映画)

ジャンル