top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

スピッツ草野マサムネ「しばらく見入ってしまいました」あのアーティストのジャケ写を絶賛「一番好きかも」

COCONUTS

4月14日、ロックバンド・スピッツの草野マサムネさんがパーソナリティを務めるラジオ「SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記」(TOKYO FM)が放送。

草野さんが、邦楽ロックアーティストのお気に入りのジャケットデザインについて語り、注目を集めています。

(画像は番組公式Xより)

■草野マサムネ、スピッツのCDジャケットで唯一気に入らないのは…「うーん、て感じ」

今週は、「邦楽ロックの好きなジャケットで漫遊記」。

邦楽ロックの中で、ジャケットが草野さんのお気に入りの曲を紹介していきます。

広告の後にも続きます

1曲目はいつも通りスピッツの楽曲から。今週はアルバム『ひみつスタジオ』(2023年)に収録の「i-O(修理のうた)」をオンエア。

『ひみつスタジオ』のジャケットは、イラストレーターがデザインし、実物大に制作したロボットが写っています。

ちなみに、スピッツの4作目のアルバム『Crispy!』(1993年)のジャケットには、ネイティブ・アメリカンのメイクをした草野さんが写っていますが「『Crispy!』は自分が写っていて、ちょっとうーん、て感じもあるんですけど」「『Crispy!』以外は全部好きなんですけれども」とのこと。

さらに「バンドブームの頃って、いろんなバンドのインディーズ盤とか出てたけど、メンバー写真のダサいジャケのものが多かったんですよ」と、正直に語る草野さん。

■草野マサムネ、米津玄師のアートワークを絶賛「しばらく見入ってしまいました」

続いて、草野さんがお気に入りのジャケットとして選んだのは、米津玄師さんのアルバム『STRAY SHEEP』(2020年)から「まちがいさがし」。
米津さんはアルバムのジャケットアートワークも自分で担当しており、草野さんは米津さんの1stアルバムの頃から「すごいな」と思って見ていたと言います。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル