top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

公式ユニフォームも初お披露目!万博の魅力が語られた大阪・関西万博 開幕1年前イベント

マガジンサミット

2025年日本国際博覧会の開幕1年前となる4月13日(土)に、「大阪・関西万博 開幕1年前イベント~ぜんぶのいのちと、ワクワクする未来へ。~」が東京で開催された。当日は8名のテーマ事業プロデューサーによるトークセッションが行われた他、 新たに就任したスペシャルサポーターとともに、万博会場で来場者を迎えるスタッフの公式ユニフォームを初披露した。

2025年日本国際博覧会は大阪市にある夢洲で2025年4月13日〜10月13日まで行われる。テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」だ。着々と建物も建設されている中、その様子もイベントでは披露された。会場予定地は約155 haもの広大な場所で世界とつながる「海」と「空」に囲まれている。また、1周約2kmの大屋根リングが会場のシンボルとなり会場エリアはどこか別世界のようだ。

今回、テーマ事業をを担う8名のプロデューサーがイベントに集結。

それぞれ開幕に向けて8つのパビリオンをつくっている中、進捗も含めたトークセッションが行われた。

©SANAA

広告の後にも続きます

慶應義塾大学教授の宮田 裕章氏は「いのちを響き合わせる」をテーマに、会場に虹をつくりだすパビリオンを構築中。偶然にも公式キャラクターのミャクミャクの特技が雨上がりに虹を見つけること、とのことで、共鳴したことに本人も驚いたと語った。まだ詳しくは公開できないそうだが、当日は特別なアーティファクトを持って会場をめぐると面白い仕掛けがあるそう。

音楽家、数学研究者、STEAM教育家の中島さち子氏のテーマは「いのちを高める」。現在、ゆらぎを表現したクラゲ舘を制作中で、そこでは命の祭りやワークショップなども行い、五感で体験できる場所にしたいと話した。

放送作家、京都芸術大学副学長の小山 薫堂氏のテーマは「いのちをつむぐ」。いのちの市場や未来の市場のエリアを制作し、いのちの市場では人が一生に食べる卵の量を見てわかるように表現するなど興味深い展示も行われる予定だ。

その他のパビリオンもとても魅力的なので今後の動向が楽しみになってくる。

そしてこの日は初めてのミャクミャクの声がお披露目された。

また、公式ユニフォームのお披露目もあり、ランウェイが行われるファッションショー形式での発表があった。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル