top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

MP凌いだオジェ初戦突破、次戦はダニエル

テニス365


初戦突破を果たしたオジェアリアシム
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、クレー、ATP250)は16日、シングルス1回戦が行われ、第5シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)が世界ランク101位のM・マーテラー(ドイツ)を6-7 (5-7), 7-6 (8-6), 7-6 (7-3)の逆転で破り、初戦突破を果たした。2回戦では同85位のダニエル太郎と対戦する。

>>ダニエル 太郎らBMWオープン組合せ<<

>>ナダルらバルセロナOP組合せ<<

この試合、オジェ アリアシムは先にブレークに成功するも追いつかれタイブレークに突入。タイブレークでは3度のミニブレークを許し追いかける展開となる。第2セットは互いにブレークを奪うことができず再びタイブレークへ。今度は4度のミニブレークに成功したオジェ アリアシムがセットを取りファイナルセットへ入った。

ファイナルセット、先にブレークされたオジェ アリアシムはゲームカウント3-5とされマーテラーのサービング・フォー・ザ・マッチを迎えるも、土壇場でブレークバック。5-6で迎えた第12ゲームではブレークポイントとなるマッチポイントを握られるがここをセーブしこの日3度目となるタイブレークにもつれ込んだ。

タイブレーク、先にミニブレークされたオジェ アリアシムだったが、そこから3度ブレークに成功。2-3から5ポイントを連取し3時間24分の死闘をものにした。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはオジェ アリアシムのコメントが掲載されている。

「99パーセントの確率で、このような試合では負けると思う。でも、今日は僕の思い通りになったね。クレイジーな試合だった。今までプレーした中で最もクレイジーな試合のひとつだったよ。まだこのトーナメントに残っていて、プレーするチャンスがあることを本当にうれしく思っている」

2回戦ではダニエルと対戦する。ダニエルは1回戦で世界ランク58位のC・オコネル(オーストラリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には世界ランク89位のB・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)や同106位のC・ガリン(チリ)らが初戦突破を決めた。

[PR]4/15(月)~21(日)「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」
4/24(水)開幕「男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル