top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ビュフォードが3部門で単独トップ…河村、比江島もリーグ1位/B1第32節終了時のスタッツリーダーズ

バスケットボールキング

ビュフォードが3部門で単独トップ…河村、比江島もリーグ1位/B1第32節終了時のスタッツリーダーズ(C)バスケットボールキング

 4月13日から14日にかけてB1リーグ2023-24シーズン第32節が開催され、チャンピオンシップ出場権争いと同時に、スタッツリーダーズ争いも佳境を迎えている。

 Bリーグの「ミスター・トリプルダブル」こと島根スサノオマジックのペリン・ビュフォードは、琉球ゴールデンキングスと激突した今節、第1戦で30得点9リバウンド7アシスト1スティールを記録すると、第2戦には34得点8リバウンド7アシスト2スティール2ブロックで勝利に貢献。得点とスティールの2部門に加え、前節終了時点でジョシュ・ホーキンソン(サンロッカーズ渋谷)と並んでいたブロック数でも単独トップに立った。

 ただ、長らくアシストランキング1位を快走している横浜ビー・コルセアーズの河村勇輝も、三遠ネオフェニックスとの第1戦で13アシスト、第2戦でキャリアハイに肉薄する19アシストを記録。自身の今シーズン平均アシスト数を「7.9」に上げ、同ランキング2位につけるビュフォードを突き放した。チーム状況は対称的なものの、個人タイトル争いとなれば河村とビュフォードのライバル関係は継続中。リーグ屈指のスタープレーヤーのパフォーマンスに引き続き注目だ。

 リバウンド王争いは、仙台89ERSのヴォーディミル・ゲルンが独走態勢。秋田ノーザンハピネッツとの第2戦で14得点13リバウンド、今シーズン30度目のダブルダブルをマークし、平均アシスト12本台をキープした。なお、仙台はB2時代の2020-21シーズンにブロック王に輝いたダニエル・ミラー以来リーダーズ表彰を受けた選手がおらず、このままゲルンがリバウンド王に輝けばB1では仙台勢初のリーダーズ誕生となる。

 第32節終了時点のスタッツリーダーズ一覧は以下の通り。

広告の後にも続きます

◆■ 第32節終了時点のB1スタッツリーダーズ一覧

【得点】
1位 22.9 ペリン・ビュフォード(島根)
2位 21.2 河村勇輝(横浜BC)
3位 20.6 安藤誓哉(島根)

【アシスト】
1位 7.9 河村勇輝(横浜BC)
2位 7.5 ペリン・ビュフォード(島根)
3位 5.3 富樫勇樹(千葉J)

【リバウンド】
1位 12.0 ヴォーディミル・ゲルン(仙台)
2位 10.5 ショーン・ロング(大阪)
3位 9.6 ペリン・ビュフォード(島根)

【スティール】
1位 1.81 ペリン・ビュフォード(島根)
2位 1.77 コー・フリッピン(群馬)
2位 1.77 レイナルド・ガルシア(佐賀)

【ブロック】
1位 1.36 ペリン・ビュフォード(島根)
2位 1.34 ジョシュ・ホーキンソン(SR渋谷)
3位 1.22 ヤンテ・メイテン(三遠)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル