top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

巨人が筒香獲りでDeNAに競り負けた“永久契約”の魅力ゼロ

アサ芸Biz

 米大リーグ・ジャイアンツからFAで日本球界へ復帰の意思表明をしていた筒香嘉智が選んだのは、古巣のDeNAだった。

 4月16日、午後2時25分(ツツゴー)にDeNAの獲得が発表されたことを聞いた巨人阿部慎之助監督は「洒落てるよな。うちも獲得にいっていたのは事実なんだけど」と、悔しさを押し殺してコメントしていた。

「筒香の移籍先は巨人が決定的とされ、DeNAの三浦監督も『祈るしかない』と言いつつ半ば諦めのコメントをしていましたからね。巨人はFAで獲得した選手には必ず引退後のセカンドキャリアを保証する。つまりこの事実上の“永久契約”がFA選手争奪戦で連勝してきた大きな勝因だったのですが、その効き目はもはや無くなったということです」(巨人担当記者)

 2019年の鈴木大地(元ロッテ)や美馬学(元楽天)もしかり。このオフにはオリックスの山﨑福也で阿部監督が自ら動き、セカンドキャリア付きの4年10億円という好条件を提示したが結局はフラれた。

「今回、巨人が筒香に対し山﨑以上の条件を出したのは確実。対し『マネーゲームでは歯が立たない』とこぼしていた関係者の言葉から推測するに、DeNAは『監督手形』を切った可能性が考えられる。その点、巨人の場合は“生え抜きの4番かエース”しか監督にはなることができませんからね」(夕刊紙記者)

広告の後にも続きます

 筒香のDeNA入団会見は18日に行われる。

小田龍司

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル