top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ナカシマ、ルブレフ撃破で16強

テニス365


16強入りを果たしたナカシマ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)は16日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク87位のB・ナカシマ(アメリカ)が第2シードのA・ルブレフを6-4,7-6 (8-6)のストレートで破り、初のベスト16進出を果たした。

>>ナダルらバルセロナOP組合せ<<

>>大坂 なおみ、日比野 菜緒ら WTA250ルーアン組合せ<<

22歳のナカシマは2022年に行われた21歳以下最終戦NextGenATPファイナルズ(イタリア/ミラノ、室内ハード)で優勝。世界ランクも自己最高43位を記録した。しかし、2023年シーズンは負傷により世界ランクが大きく低下。復帰後はチャレンジャー大会を中心に回り、徐々に世界ランクを上げツアー大会出場まで復活してきた。

大会初出場となったナカシマは1回戦で世界ランク49位のD・エヴァンス(イギリス)をストレートで下して初戦を突破。2回戦ではこの試合が初戦となる第2シードのルブレフとの激突となった。

この日は6本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに80パーセントの高い確率でポイントを獲得。ルブレフに1度もブレークを許さないプレーを見せると、リターンゲームでは5本のダブルフォルトを犯すなどサービスが安定しないルブレフに対し1度ブレークに成功。第2セットでは接戦となったタイブレークをものにし、1時間53分で勝利した。

3回戦では第13シードのT・M・エチェベリー(アルゼンチン)と対戦する。エチェベリーは2回戦で予選から出場した世界ランク229位のN・ハート(ドミニカ共和国)をストレートで下しての勝ち上がり。

一方、敗れたルブレフは3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)、ロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)に続き3大会連続の初戦敗退となった。

同日には元世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)や世界ランク50位のT・マハーチ(チェコ)、同59位のD・ラヨビッチ(セルビア)、同99位のL・ヴァン・アッシュ(フランス)らが1回戦に勝利し初戦突破を決めている。

[PR]4/15(月)~21(日)「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」
4/24(水)開幕「男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル