top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

新しい学校のリーダーズ、世界最大級のフェス「コーチェラ」でGOBI STAGEの大トリを飾る、ニューアルバムの発売も解禁!!

WWSチャンネル

新しい学校のリーダーズ(※提供画像)

新しい学校のリーダーズが4月14日(現地時間)、
アメリカ・カリフォルニア州インディオで開催された
世界最大規模の音楽フェス
Coachella Valley Music and Arts Festival(通称:コーチェラ)」
に単独出演を果たした。

Lana Del Rey、Tyler, the Creator、Doja Catが各曜日の
ヘッドライナーを務めるコーチェラ2024。
新しい学校のリーダーズは、Doja Catがヘッドライナーを
務める4月14日公演のGOBI STAGEの大トリとして単独出演した。

【写真】「Coachella Valley Music and Arts Festival」に単独出演した新しい学校のリーダーズ

オープニングのSEとTaiko projectと共にオリジナルのどてら姿で登場すると、
今年1月にリリースした「Toryanse」を披露し、
押し寄せた現地の観客をオープニングから圧倒し盛り上げた。
1曲目が終わると、間髪入れずに新曲の「OMAKASE」を初披露。
昭和歌謡と現代のサウンドが融合した楽曲に、観客からは大きな歓声が寄せられた。

広告の後にも続きます


「Pineapple Kryptonite Remix」では、SUZUKAから
「Everybody Jump!!」の合図がかかり、
初となる大舞台の観客を一つにし、早くもボルテージはマックスに。
楽曲が終わると観客に向け、「Let me hear you!」と呼びかけ、
観客もそれにしっかりと「ATARASHII GAKKO!」と応える
コールアンドレスポンスの場面もあり、
そのまま大人気楽曲の「オトナブルー」に繋げた。
その後は「Arigato」、「Forever sisters」とこちらも初披露となる
楽曲を立て続けに披露。「Arigato」ではメンバー4人が
それぞれホウキを持ち、それをギターに見立てた
パフォーマンスを行う場面も。こちらの2楽曲は音源が
公開されていなかった楽曲にも関わらず、現地の観客は歓声を上げた。


2018年にリリースしたピアノロックナンバー「最終人類」では、
これぞ新しい学校のリーダーズと言えるダイナミックな
ダンスや肩車でグループの個性を鮮烈に表現。終盤に披露された
「Tokyo Calling」は、初めてマーチングバンドUSC marching band を
引き連れこれまで多くの国々でライブを行なってきた彼女達が、
日本の東京から世界の人々の背中を押すメッセージを持った楽曲。

この楽曲から放出されるエネルギーを、「We are marching」と歌う場面で、
メンバーに応えるようにファンも拳をあげ、受け取る形となった。
 ラストに披露されたのは、88risingから初のリリースとなり、
世界デビューの1曲目となった「NAINAINAI」。
ステージを駆け巡り最後まで観客を心を離さず、
初の大舞台を笑顔で締め括り、世界最大級の
音楽フェスの舞台でも「青春日本代表」としての爪痕を残した。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル