top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「実は女性陣にドン引きされている」“かっこつけ”パターン4選。モテたいムーブが逆効果

日刊SPA!

 こんにちは、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーの堺屋大地です。
 筆者はLINE公式サービスにて、年間約1000件のペースでチャット恋愛相談を受けています。また知人経由で対面の相談を受けることも多く、性別・年齢問わずさまざまな方の恋のお悩みをうかがってきました。

 2020年国勢調査によれば、日本人の「生涯未婚率」(50歳時の未婚割合)は年々上昇しており、女性は17.8%、男性に至っては28.3%にも及びます。そんななかで、恋愛がうまくいかないという方々にも筆者の知見が少しでも役に立てばなによりです。

 さて、周囲の女性たちから好印象を抱いてもらいたいと考えるのは自然なことですが、“かっこつけること”が「かっこ悪い」と思われてしまうリスクが高いという事実に、気付いていない人は意外と多いもの。

 そこで今回は、「実は女性陣にドン引きされている」“かっこつけ”パターン4選をご紹介していきましょう。

◆①“俺自慢”をしてしまう

 好きな女性や気になる女性に「すごーい!」と言わせようとして、自慢話ばかりするのは恋愛において逆効果。

 自分がどんな有名大学を卒業したかや仕事でどんな成果を挙げて来たかといったことや、高級車や高級時計を持っているといったことを自らがつがつアピールしてしまう。

 そういった“俺自慢”ばかりしていると、確かに女性たちは表面的に「すごいですね」と言ってくれるかもしれませんが、内心では男の自己顕示欲に辟易としているなんてことも……。

 女性たちから「承認欲求がウザい」「アピール必死でダサい」なんて思われないよう、気を付けたいところです。

◆②“教え魔”になってしまう

 たとえばオフィスの同僚たち複数人で雑談しているとき。

 女性が何の気なしに「お腹すいたなー」と口にしただけで、すぐさま「おいしい中華料理屋、教えてあげようか?」なんて言ったり、「私、無趣味なんですよね」と言う女性に、「それはよくないね。ゴルフはいいよー! 教えてあげようか?」なんて言ったり……。

 女性側が教えてほしいとお願いしてきたわけでもないのに、勝手にアドバイスを始めようとする“教え魔”。本人はよかれと思って教えてあげようとしているだけかもしれませんが、女性たちからすると、その裏に尊敬されたがっているという本音が透けて見えるため、うんざりされてしまいがちなのです。

 “教えたがり”はほどほどにしておくべきでしょう。

◆③マウントを取ってしまう

 “俺自慢”や“教え魔”以上にタチが悪いのが“知識マウント”や“経験マウント”。

「○○(映画名)、観に行きたいんですよねー」と言った女性に対して、「あの監督の前作は観た? え、知らないの?」なんて知識マウントを取ってしまう。

「私、イギリスとフランス行ったことあって、ヨーロッパ好きなんですよねー」と言った女性に対して、「ヨーロッパ語るならスペインとかイタリアも行っとかないとさ」なんて経験マウントを取ってしまう。

 言ってる本人はマウントを取っているつもりはなく、女性から「すごーい!」と尊敬してもらいたいとか、「教えてください~」と興味津々に尋ねて来てもらいたいだけだったとしても、言われた女性側からすればただの嫌味発言でしかないのです。

◆④間違いなどを認められない

 かっこつけたのはいいものの、その後に間違いを指摘されたり、さらに上回る知識で返されたりしたときの対応も、女性から引かれてしまうポイントになりやすいので注意が必要です。

 得意気におすすめした飲食店に対して、「そこの中華、だいぶ前に潰れちゃいましたよ」と指摘され、「ああ、そうだっけ? でも俺、最近はもっと美味い店見つけてて、そっちにハマッてるんだよね」なんてあたふた言い訳をしてしまう。

 ヨーロッパ通ぶってうんちくを語っていたら、「中欧は行ってないんですか? チェコのチェスキークルムロフは最高でしたよ」と経験マウント返しされ、「もちろん知ってるよ。でも行こうと思ってたらコロナ禍になったからさ」なんて逆ギレ気味の知ったかぶりをしてしまう。

 自分の間違いや劣っている部分を素直に認められず、言い訳や知ったかぶりばかりしていると、「みっともない男」のレッテルを貼られてしまうかもしれません。

◆真の“かっこよさ”とは?

 “かっこつけること”と“かっこいいこと”の区別がついておらず、“かっこつけること”が“かっこ悪いこと”だと気付いていないままだと、女性たちからドン引きされてしまいがち。

 逆に、間違いや知らないことなどをかっこつけずに素直に認め、自虐ギャグにできるぐらいのほうが、「器が大きい男」と思ってもらえることもあるのです。

 “かっこ悪い”ことをきちんと受け入れられる“かっこよさ”があるということも、覚えておきましょう。

<文/堺屋大地>



【堺屋大地】
恋愛をロジカルに分析する恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー。現在は『現代ビジネス』、『文春オンライン』、『smartFLASH』などにコラムを寄稿。LINE公式サービス『トークCARE』では、カウンセラーとして年間で約1500件の相談を受けている。X(旧Twitter):@SakaiyaDaichi
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル