top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

仕事帰りに“唐揚げ”を堪能していた男性 ふと妻のことを思い出し…結末に「全旦那が読んで感じるべき」

オトナンサー


漫画「母親になくて父親にあるもの」のカット(月光もりあさん提供)

【漫画本編】仕事終わりに飲食店で“唐揚げ定食”を堪能していた男性 ふと妻のことが頭をよぎり…

 ふと感じた妻への感謝の気持ちを描いた漫画「母親になくて父親にあるもの」が、Instagramで11万7000以上のいいねを集めて話題となっています。

 仕事終わりに、1人で夕食を食べて帰ることにした作者。飲食店に入り、ゆっくりと静かに食事を楽しんでいたのですが、ふと妻のことが頭に浮かんできて…。「そう思ってもらえるだけで感謝ですね」「気付いてくれるだけでうれしい」「全旦那が読んで感じるべき」などの声が上がっています。

妻に対する感謝の気持ちがきっかけ

 この漫画を描いたのは、会社員の月光もりあさんです。Instagramやブログ「おれのあたまのなか」で、育児や日常の出来事を漫画にして、発表しています。月光もりあさんに、作品についてのお話を聞きました。

広告の後にも続きます

Q.漫画「母親になくて父親にあるもの」を描いたきっかけについて、教えてください。

月光もりあさん「改めて妻に感謝の気持ちが湧き上がり、同じように『1人の時間を欲しているお母さん』や、『申し訳ないと思っているお父さん』がいるのではないか、と思ったことがきっかけです。この作品を読んで、何か気付いてくれる方が増えたらいいなと思い、漫画にしました」

Q.このときの気持ちは、奥様に伝えたのでしょうか。

月光もりあさん「伝えました。Voicyでも、このときに感じたことを2人で語っています」

Q.奥さまから、「1人の時間が欲しい」と言われたことはありますか。

月光もりあさん「言われたことはありません。俺が仕事をしている間も、妻が大変な思いをしているのは分かっているので、日頃から妻には『遊びに行きな』と勧めているからかもしれません。ただ、1人の時間が欲しいとは言われませんが、2人目が生まれてからは、忙しくて発狂しています(笑)」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル