top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「土下座して謝れ!」と非難が殺到した里崎智也による「大谷翔平批判」のキワドい中身

アサ芸Biz

 元千葉ロッテで現在は野球解説者であり人気YouTuberの里崎智也氏が、ドジャースの大谷翔平に対し「批判的な発言」をしたことで、大騒動となっている。

 3月27日に「NewsPicks」のYouTubeチャンネルに出演した里崎氏は、大谷の問題点を問われた際、「僕も通帳の中にどのくらいお金があるかは現役の時にわからなかった」としながらも、「年に1回は確定申告をする。そこで税理士に細かく聞かれるはず。社会人として出入金を確認しないのは甘い」と、大谷を酷評したのだ。

「大谷はバレロ代理人を通じて専門家に資産管理を任せていたのですが、その代理人自身が水原一平氏に騙されていたことがわかっています。また、日本時間の4月12日午前2時から行われた米捜査当局の会見では、水原氏が大谷にわからないよう銀行口座の連絡先を自分に変更し、大谷と偽って送金していたとし、『どんなに洗練された人でも被害にあう』と断言しています。里崎氏の言うように単純に『甘い』から被害にあったかといえば、そうではないことが明らかになってきているんです」(スポーツライター)

 里崎氏は他にも、「大谷翔平はアスリートとしたらスーパースターでパーフェクトだが、一社会人で考えたら、すべてが甘かった」「自分の口座から6億もの大金が消えていたらさすがにわかるやろ」などと発言していた。

 こうした一連の里崎氏の発言に対し、SNS上では《窃盗にあっていた被害者を未熟者扱いした》《里崎、土下座して謝れ!》などと非難が殺到しているのだ。

広告の後にも続きます

 里崎氏は野球評論家としてはパーフェクトだが、YouTuberとしては脇が甘かった、ということか。

ケン高田

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル